ストリートライブの効果について

1.ストリートライブのメリット

ストリートライブのメリットは「費用がかからないこと」です。
これはミュージシャンもそうですし、見に来てくれるお客さんにとっても言えることです。
お客さんの立場として
通常のライブハウスにライブを見に行こうとすれば3,000円程度かかります(チケット+ドリンク代など)
でも、ストリートなら基本的に「タダ」で見ることが出来ます。
しかも、ライブハウスと違いアーティストとの距離が近いので会話まで出来てしまいます。

このようにお客さん目線で考えると、
「気軽に足を運べて、コミュニケーションも取れる」とイイことばかりなのです。

お客さんにとって良い事ということは、アーティストにとっても良いことです。
お客さんが自ら進んで来てくれる「好循環」を産むことができて
そこからまた新たなファンが広がっていく可能性があります。

また、ストリートライブは「不特定多数の人にアピール出来る」と言うメリットもあり
上手く活用できれば、アーティストにとってとても有意義なものでしょう。

2.ストリートライブのデメリット

ストリートライブのデメリットは「自分の商品価値を下げてしまう事」です。
これは、メリットの裏返しなのですが
タダでライブ(音楽)を提供することによって、
お客さんは「タダでライブを見れるのが当たり前」という発想になってしまいます。

つまり、ストリートライブに来てくれているお客さんが100人いたとしても
その全員が有料のチケットを買ってライブに来てくれるとは限らないのです。

また、ストリートライブは場所の制約も大きいです。
駅前などの人が集まる場所でのストリートライブは基本的に難しいですし
(区などが推奨している地域もありますが)
音響設備も自前なので、「いい音」で演奏することは出来ません。
(つまりアーティストとしての表現力も下がります)

3.ファンの定義とは?

ストリートライブを長く続けていると、必ず「面倒くさいお客」が来ます。
・酔っぱらい
・ヤンキー
・ナンパ目的のおっさん、おばさん
こういう人の対処も考えておいた方が良いでしょう。

この他に、「ストリートには毎回来てくれるけど、有料のライブには一度も来てくれない人」
にも気をつけたほうが良いです。
こういう方は、貴方のファンではありません。
こういう人は貴方を「友だち」だと思っている場合が多いです。

本当に仲の良い友達だったり、実際に気が合う人ならそう思われてもいいでしょうが、
そうじゃないなら問題です。

あなたは面倒くさい友だちを作るためにストリートライブをするわけではないですよね?

ファンとは、ほんとの意味で貴方を応援してくれる人の事を居ます。
「友だち」と「ファン」を混同させないようにしましょう。

4.どうやって稼ぐか?

ストリートライブで貴方のすべてを見せてはいけません。
ストリートライブはあくまで「試食」なのです。

例えば、
ストリートではコピー曲しかやらず、
オリジナル曲はライブハウスでしか歌わない
オリジナル曲に興味を持ってくれたらライブに来て下さい!

などの、有料のライブに行かなくてはいけない明確な理由を作ってあげます。
※ここまで明確に設定しても、有料ライブに来てくれない人は
あなたの事をミュージシャンとして見ていません。「異性」「友だち」としか見ていません。

ストリートライブは広告なので、そこからライブハウスに誘ったり
CDなどを売ったりして必ず収益化しましょう。

そのために、ビラや名刺(お客さんに渡す用のモノ)やライブチケット、釣り銭
などは必ず用意しておきましょう。

5.まとめ

ストリートライブしかやらないで、有名になることは絶対にありません。
ストリートライブは広告と捉えて、これ以外にも様々な活動を混ぜていくことによって結果に繋がります。
なぜ、ストリートでライブをするのか?を明確にしてから実行しましょう。

 

 

東京じゃなくても音楽のプロを目指せる!?

1.時代の変化

携帯電話やパソコンやインターネットが普及しだしたのは、ここ20年間程度でしょう。
これらが一般に普及していなかった時代は、個人の「発信力」が限られていました。
でも、今の時代は「誰でもコンテンツ」を自ら手軽に発信出来るようになったのです。
たまたま、公開した動画が反響を呼び、それがキッカケで一躍スターになる。
そんなことも現実に起きています。
そういった意味では、わざわざ東京に拠点をおいて活動する意味が薄れている気がします。
日本全国、インターネット環境がある場所なら、どこからでも貴方の音楽を発信出来るのです。
そして、クオリティーが高ければ、それを正当に評価する視聴者(ファン)はいます。

2.東京のメリットは?

では、東京で活動することのメリットを考えてみましょう。
・楽器屋が多い
・音楽スタジオが多い
・ライブハウスが多い
・ミュージシャン人口が多い
など、東京ならではのメリットはたくさん考えられます。

でも、よく考えて下さい。
上記のメリットがあったら「音楽の仕事」を出来るのですか?

実際に音楽の仕事に直結するのは人脈です。
そして、その人脈(音楽関係の有力者)に東京で知り合えて話をできる可能性は低いです。
(ミュージシャン人口が多いから尚更)
それよりも、動画投稿サイトなどに貴方の作品を定期的に公開して
音楽関係の有力者があなたを「発掘」する方が遥かに可能性高いです。

つまり、人脈はwebでも十分に出来ます。
そこで認められれば、どこに住んでいようがチャンスは平等に訪れます。

 

3.地方の活性化

「今後は、東京にすべてが集中する時代が終わり、地方が独自のカラーや機能を持ち発展していく」
とある学者が話していたのを聞いたことがあります。

これは社会全体の動きなので、当然音楽にも言えるでしょう。

今後は、ご当地アイドルだけでなく「ご当地バンド」などが台頭してきて
そこの地域での独占的な人気を有するようになるでしょう。
(ゆるキャラをイメージして下さい。全国各地にご当地ゆるキャラがいますよね)

そうすることで、その地域の活性化に繋がります。
つまり市町村を挙げての応援体制が可能になるのです。

4.唯一の地方のデメリット

世間の「流行」が分かりづらい事が唯一のデメリットでしょう。
流行りは、人口が多いほうが派生しやすいです。

そして、一般情報になる頃(ニュースなどで取り上げられる頃)には
すでにその流行の伸びしろは殆ど残っていません。

世間の動きや流行を肌で感じれる都会では、ニュースなどになる前に
自分自身で体感できて、それを自分の作品に取り入れることが可能です。

  1. 5.まとめ

しっかりとした独自の世界観をもっているミュージシャンは、東京に来る必要がないと思います。
※東京に来たら駄目という意味ではないです。
その独自の作品を自分自身で情報発信する仕組みがあり、実際にwebからの発掘でたくさんのアーティストが世に出てきました。

「東京に行かないとプロを目指せない!」という時代は終わったということです。
どこに住んで居ようが音楽でプロを目指すことは出来ます。

色々な事情によって上京出来ないミュージシャンはたくさんいると思いますが、
東京に行けないからといって、音楽活動を諦めないで下さい。
どこに住んでいようと、あなたの作品は世間に発信できます。

そして、その作品がキッカケで大きなチャンスを手にする人は実際にたくさんいるのです。

 

 

Gm7 Facebookアカウントを開設いたしました

 

バンドでお金を稼ぐ方法論

1.バンドを会社として考える

バンドは会社の仕組みにとてもよく似ています。 社長=リーダー 役員=バンドメンバー 商品=音楽 赤字続きの会社はいずれ潰れてしまいます。 バンドにも同じことが言えて、いくらイイ音楽をやっていようとも 売り上げが上がらなければ、バイトや仕事をやめることが出来ず、 いずれモチベーションが下がっていきます。 だから、バンドを本気でやるのであれば、 バンドを「会社」だと思い、しっかり運営していきましょう。 最初は赤字でかまわないのです。 でも「いくら赤字?」「なぜ赤字?」「どうやったら改善できる?」 これらの事にも真剣に向き合っていかなければ、良いバンドは運営できません。  

2.月間に掛かっているコストは?

バンド活動にはお金がかかります。 ・スタジオ費用 ・ライブ費用 ・レコーディング費用 ・各種グッツの制作費 ・弦やスティックなどの消耗品 などなど これらの月間収支(月に掛かるお金)をまず正しく把握しましょう。 レシートなどをとっておき、その月のバンド活動費にいくらかかったのかを調べます。 そして、最初の目標は ±0の収支に持っていくことです。 例えば、1ヶ月のバンド活動費に50,000円掛かったとします。 そうしたら、月に50,000円バンドで稼げれば±0です。 ライブチケットが2,500円でライブノルマが10枚。11枚以降100%バックされたとします。 そうしたら、そのライブに30人のお客さんを呼ぶことが出来れば 2,500円×20人=50,000円で±0です。 このように収支を正しく理解することで、明確な目標が立てられます(ここでは30人集客という目標) 目標を立てたら、それに向かって行動すれば良いのです。 ±0を達成できたら、徐々にプラスになるようにバンドを運営していきます。 そうすればバイトや仕事の時間を減らすことが出来き、より一層音楽に集中出来るようになります。 ※二次曲線の用に成長していけます。

3.バンドの収益化

バンド活動で収益をあげる方法は ・ライブに集客する(自主イベントなら尚良い) ・音源を発売する ・グッツを発売する などが主なところでしょう。 商品(ライブや音源)や販売価格は大きく変化することが出来ません。 (30,000円のライブチケットは売れないですよね?) じゃあどうやって売り上げを伸ばすのか? 答えは「集客を増やす」です。 バンドの収益=お客さんの数です つまりお客さんを作る努力をすれば、それがバンドの経済的向上に直結します。 実はたった200人の毎月ライブに来てくれるファンが居れば バンドの収入だけで生活できるのです。 例えば ライブハウスを100,000円で貸し切ります(交渉次第でこのくらいの金額は可能です) ライブチケットを3,000円で200人に販売します。 600,000円(チケット売り上げ)-100,000円(ライブハウス代)=500,000円の利益です もしバンドメンバーが三人で均等に分配するのであれば 500,000円÷3人=約166,666円が一人あたりの収入です。 これだけの収入があれば最低限の生活が出来ると思います。 このように収益目標から集客目標を設定して、それを達成するために広告(SNS、動画、ビラ、名刺などなど) を活用していけば良いのです。

4.ファンの管理について

バンドやミュージシャンにとって「ファン」は収益をもたらしてくれる資産です。 ファンとの交流はこまめに取るように心がけて下さい。 例えば、ブログやSNSを頻繁に更新して情報を提供することや メールマガジンなどを作って定期的に発信するなども良いでしょう。 あと、最も効果的なのが「動画の配信」です。 TV感覚で気軽に見ることが出来る動画を定期的に発信することによって バンドの存在を強くファンに意識させることが出来ます。 また、有名な曲のカバーなどを動画にとって配信するのも面白いですね。 ライブに足を運んでもらう貰うこと以外にも、出来るだけ多くファンとの接点を持ち 頻繁に情報を発信することによって、より深いファンになってくれます。 より深いファンになってくれた方は、自分の友だちなどをライブに誘ってきてくれます。 そうすることでドンドンファンが増えていくのです。 ただ闇雲にライブだけするのでなく、こういった戦略を練って バンドメンバーで分担して行動することによって、バンドをより大きくすることが出来ます。

5.まとめ

あなたは何のためにバンドをやっていますか? 有名になりたいから?お金を稼ぎたいから?それとも趣味で? いずれにしても、バンドをやる以上「聞いてくれる人」は必ず必要です。 そして「聞いてくれる人」が「ファン」になり、交流を重ねることによって「深いファン」になる その「深いファン」友だちを連れてきてくれて、また「ファン」が増える。 こういった好循環を作っていくことにより、 バンドの収益は上がってきます。 バンドの収益が上がるということは バイトや仕事に割いている時間を、音楽活動に費やす事ができて より良い音楽を提供できるようになります。 しっかり計画を立てて、行動することによって大幅に結果は変わります。 ぜひ一度バンドメンバーで話し合ってみて下さい。    

なぜ名刺が必要なのか?

1.名刺を持つ意味

ミュージシャンの方で名刺を持っている人は少ないと思います。

名刺が必要な理由としては
・コミュニケーションツールとして必要
・本気で音楽に取り組んでいるように見える
・相手から名刺を貰う手段として
などが上げられます。

ミュージシャンで最も大事な事は「人とのつながり」です。

音楽は一人ですることよりも複数人で奏でる事が多いです。
(ストリートミュージシャン、DTM,DAWなどは別として)

そして、その音楽を聞いてくれるファンが居てはじめて成り立ちます。

そのつながりを作る上で、ミュージシャンは新たな出会いを日々繰り返していくのですが
名刺を持っていることによって、その「繋がり」をよりよく作ることが出来ます。

例えば、
あなたの元に保険の営業マンが来たとします。
Aさんは、しっかりとした名刺を持って営業にきました。
Bさんは、手書きの名刺を持って営業にきました。
Cさんは、手ぶらで営業にきました。

A,B,Cさんがススメてくれた保険の保証内容が全く一緒だったとき
誰と保険の契約を結びたいでしょうか?
間違いなく、しっかりとした名刺を持っているAさんです。

ミュージシャンにも同じことが言えます。
演奏力や楽曲の良さ、ルックスなどが同じレベルのミュージシャンに対して
「名刺を持っている」たったこれだけのことで大幅に差別化出来るのです。

名刺一枚で、ライブハウスのブッキングマネージャー、音楽プロデューサー、アレンジャーなど
様々な方々の「あなたに対する見方」が変わるのです。

2.実際どのように使うのか?

答えは単純明快です。「とにかく配りまくる」が正解です。
チャンスはどこにどう転がっているかわかりません。

例えば、対バンのライブに出演したとしたら、5バンドくらいの人と新たに出会います。
1バンドに4人のメンバーがそれぞれ居たとしたら20人のミュージシャンと出会うわけです。

ライブ当日は、何かとバタバタしてゆっくりコミュニケーションは取れませんが、
あいさつする時に「名刺」を渡しておくことが出来ればそこで繋がることが出来ます。
一度つながってしまえば、SNSなどを通して長期的に関係を気づいていくことが出来るのです。

そこで繋がったミュージシャンと将来的にバンドを組むかもしれませんし、仕事を貰えるかもしれません。
「名刺」がそのキッカケを作ってくれます。

1ヶ月の間に100枚以上の名刺は配るように意識することによって
大幅にミュージシャン仲間が増えて、それに比例してチャンスも増えていくでしょう。
※名刺は作っただけでは意味がありません。配って効果が出るものです。
2~3ヶ月間で100枚も消費しない人はただ活動していないだけです。

3.ミュージシャンは営業職

ミュージシャンの仕事は、「人と繋がる事」と言っても過言ではありません。
名刺を作って配るのは当たり前ですが、挨拶やお礼もしっかりと言えるようになるべきでしょう。

常に相手の立場に立って、考えて行動できるようになると
どんどんあなたのファンが増えていきます。(ライブにきてくれる人でなく”ファン”です)
ファンというのはあなたを応援してくれる人を指します。

自分自身の家族はあなたを応援してくれていますか?
親戚のオジサンはあなたを応援してくれていますか?

もし、そうじゃないなら「身内がファンになる」ように意識しましょう。
自分の親しい人をファンに出来なければ、他人をファンにすることは出来ないはずです。

音楽をすることに反対する親御さんもいると思います、
でも、あなたが本気で音楽に取り組んでいて「真剣な姿」をしっかり見せることが出来れば
必ずファンになってくれます。
当たり前の事を当たり前にする、
「挨拶をしっかりする」「お礼を言う」「感謝を伝える」これらの事はすべてのミュージシャンにとってとても大事なことです。

4.名刺の費用対効果

名刺はタダでは作れません。
多くの場合、100枚作るのに3,000円~4,000円程度は掛かると思います。
ということは一枚に付き30円~40円の費用がかかっているのです。
これを高いと思うか、安いと思うか人それぞれでしょうが、

私は「安い」と断言できます。

なぜなら、
仮に100枚配って、それがキッカケで繋がりを50人作れたとします。(配った半分の人)
そしてその50人の内で2人が自分のライブに遊びに来てくれました(25分の1人)
ライブチケットは一枚2,500円でしたので、5,000円分の売上が上がりました。

どうですか?名刺を作った金額よりも儲かっていませんか?
お金の話なので、少し嫌らしく聞こえるかもしれませんが
ミュージシャンこそ収入や収支をしっかり計算するべきです。
(お金の管理をしっかりすることによってバイトや仕事の時間を減らせるからです)

あなたも名刺を作って、元を取るイメージが出来たと思います。

※何度も言いますが、名刺を作っても行動しないなら損するだけなので、作らないほうが良いです。
本気で音楽活動をしている人(もしくは今後その覚悟がある人)なら名刺は絶対に作るべきです。

5.まとめ

あなたの周りのミュージシャンで名刺を持っている人は何人いますか?
もし、みんな持っているなら今すぐあなたも用意するべきですし、
まだ誰も持っていないなら、あなたが名刺を作ることによってライバルに一歩差を付けることが出来ます。

細かいことの積み重ねが、大きな結果へと繋がっていくものです。

まずは、名刺を作って
それを、配り
ドンドンつながりを増やして

自分のファンや仲間をたくさん作っていきましょう。

 

プロミュージシャンに求められるスキル

1.プロは本当に「ウマイ」のか?

「ウマイ」と一言で言っても、捉え方は人それぞれです。 例えば「速弾き」「スラップ」「ツインペダル」などのいわゆる「超絶テクニック」が出来る人が 「ウマイ」と感じる方も居ると思いますが、 バックミュージシャン(歌手の伴奏)の仕事での、「ウマイ」の判断基準は 「ボーカル(フロントマン)が気持ちよく歌える伴奏が出来る人」が「ウマイ」と言う評価になります。 ※アンサンブル力とも言います。 具体的に言えば ・正しい音量で演奏できている(うるさくも小さくもない) ・メロディーに沿ったフレーズを演奏出来る ・全体のバランスを考えて音色をコントロールする ・テーマ、フィルなどのフレーズをしっかり演奏する などなど上げたらキリがありません。 バックミュージシャンの雇い主は「ボーカル(フロントマン)」です。 ※厳密に言えばその事務所やプロデューサーだったりしますが その雇い主を満足させる仕事(演奏)をするのが「プロミュージシャン」です。 だから、音楽で仕事をしている方は全員「ウマイ」と言い切れます。 ※下手だったら継続的に仕事を取れません。

2.音色への拘り

プロのミュージシャンの仕事は演奏だけではありません。 実は演奏スキルと同じくらい「音色」も大事です。 特に、エレキギターやキーボードなどは音の質だけでなく、多くの種類を求められる事があります。 ギターで言えば ・クリーンカッテイング ・クリーンアルペジオ ・クランチサウンド ・オーバードライブ ・ディストーション ・リード(ソロ用) 最低でも上記の6種類は必要でしょう。 上記の他にも、 コーラス、フェイサー、フランジャーなどの揺れモノ リバーブ、ディレイなどの空間系 などは一通り把握していてコントロール出来る用にするほうがイイです。 人によっては、ギター本体のボリュームのみで音色をコントロールしてします人もいますが 全体の音量バランスをコントロールするのが難しいので、 エフェクターやアンプを上手く使い音色をコントロールしているプロが多い印象があります。 また、音色に関しては単一的なドラム、ベースなども 「一発の質」にはこだわっている方が多いです。 高い機材を使えば「いい音」になるというわけではありません。 良い音色を出したいのであれば、楽器の特性を理解してコントロールすることが重要です。 今一度、手持ちの機材の特性を理解して 音色への拘りを上げてみて下さい。些細な違いの積み重ねが、ライバルとの大きな差につながります。

3.読譜能力について

読譜能力は高いに越したことありませんが、譜面を読めないプロも居ます。 以前、お会いした某ドラマーの名刺には「譜面は読めません」って明記されていました。 ※名刺やホームページに自分の特徴を記載するミュージシャンは多いです。 ただ、読譜は「出来たほうが得」です。 例えば、ライブの仕事をいただいたときに、本番までには曲を覚える必要があるとします(暗譜) 読譜能力がある方は 「譜面を見ながら音源を聞いて、それに合わせて練習して覚える」ことが出来ます。 つまり、視覚、聴覚、演奏の3つを使って覚えるので当然覚えるのが早いです。 一方譜面が読めない人は 「何回も曲を聞いて、曲を頭で覚えてから練習する」 だから、覚えるのに時間がかかってしまうのです。 「仕事が早い」と言われるミュージシャンは読譜が出来る人が多いです。 ※中には感覚だけですぐに対応できてしまう天才的な人も居ますが。 読譜と言っても実はとても奥が深く、レベルを三段階に分けることが出来ます。 Lv1 進行を間違わずに最初から最後まで演奏できる (コーダやダルセーニョ、リピート記号を正しく理解している) Lv2 曲のキーやコード上で使えるテンションを理解してフレーズを瞬時に生成、演奏できる (最低限の音楽理論の知識を理解して、それにを活用して譜面を立体的に表現できる) Lv3 曲の本質を理解して、メロディーに対してのダイナミクス、ベストなボイシングやコードのトップノートの動きを付けれる (コード、リズムだけでなくメロディーえお正しく理解してそれに沿った立体的な演奏が出来る) ここで言うLv3は、「超絶スキル」です。 LAのトップミュージシャンなんかはこのレベルで読譜をしています(もちろん初見で) とりあえずはLv1の読譜能力は備えていたほうが何かと便利でしょう。 ※ドラマーでも簡単なコード進行を理解している人は多いです。 (キーやトニック、サブドミナント、ドミナントの知識などがあるとミュージシャン同士のコミュニケーションが取りやすいです)

4.プロはミスをしない?

プロでも人間なのでミスをします。 ただ、いわゆるアマチュアミュージシャンのミスとは「レベル」が違います。 「コードを間違える」 「進行を間違える」 「フレーズを間違える」 「テンポを間違える」などの 致命的なミスは皆無と言っていでしょう。 ※上記のようなミスをしたら、二度と仕事が来ません。 プロのミスとは 「音色の切り替えが遅れた(ピックアップセレクター操作など)」 「アルペジオに順番を間違えた(コードトーン内)」 「オンコードを無視した」 「ボイシングがボーカルとぶつかった」 などの、普通に聞いている人はほぼわからないようなミスはプロでもよくあります。 プロでもアマチュアでもミスは必ずありますが、 演奏に対する基準が全く違うので、ミスの質も大幅に違います。 ※プロはお客さんにバレるレベルの低いミスは絶対にしません。

5.まとめ

プロミュージシャンの必須スキルとして ・最低限の演奏スキル ・アンサンブル力 ・音色の拘り ・読譜能力(天才なら不要) ・演奏に対する責任感(ミスの基準) 上記5点にまとめられます。 今後、ミュージシャンとして仕事をしていきたい方は 上記の中で自分に足りないのもを補っていくことにより プロミュージシャンとして仕事をこなしていけるようになります。 今一度、自分の能力を客観的に見て足りない部分があるのであれば それを補っていくように努力しましょう。    

プロミュージシャンの実態

1.プロとアマチュアの境目は?

プロとアマチュアに違いは一体どこにあるのでしょうか?
これに関しては様々な意見があると思いますが、

私の定義では

アマチュア=収入が発生しない(責任が発生しない)
セミプロ=ダブルワークで生活していて音楽では生活費の半分未満を稼いでいる(責任が発生する)
プロ=専業ミュージシャンで生活費の80%以上を音楽で稼いでいる(責任が発生する)

 

つまり、アマチュアとプロの違いは「責任」の有無です。
そして、セミプロとプロの違いは「責任の重さ」です。

生活費の大半を音楽以外で稼いでいる人は、音楽の仕事がなくなっても生活が困窮することはありません。
でも、生活費の大半を音楽で稼いでいる人が、急に仕事がなくなったら家賃すら払えません。

自分の生活がかかっているから、プロミュージシャンは「キチンと仕事」をします。
この「キチンと仕事」をするというのは演奏のことだけではありません。
・時間をしっかり守ることが出来る
・挨拶がきちんと出来る(名刺や宣材などをしっかり用意している)
・最低限のビジネスマナー(礼儀)を理解している
・コミュニケーションが普通に取れる
上記のような当たり前なことも、意識している方が「プロ」にはとても多いですね。
「ミュージシャン」も仕事なので最低限のマナーは必要不可欠です。

 

 

2.収入はどれくらいか?

プロミュージシャンの収入については格差が大きすぎて一概に言い切れませんが
いわゆる現代の若手~中堅「バックミュージシャン」「セッションミュージシャン」「スタジオミュージシャン」と呼ばれる人は
一つの現場でおよそ20,000円くらいの支払いを受けているというイメージです。(2017年現在)
※もちろんすべての仕事がこの金額ではありません。安いものでは数千円~高いものでは数十万の仕事も実在するようです。

 

現場と言ってもライブ、録音、撮影など内容は様々です。

例えばAさんというミュージシャンが月に取った仕事の内訳が以下だとすると
おおよそ360,000円/月くらい稼いでいる計算になります。
※リハーサルは本番の半額が相場なので、ここでは10,000円で計算しています。

ライブ 8回(20,000円×8回=160,000円)
リハーサル 8回(10,000円×8回=80,000円)
レコーディング 5回(20,000円×5回=100,000円)
撮影 1回(20,000円×1回=20,000)

合計360,000円 となります。

この36万円が多いか少ないかは人それぞれなので言及はしませんが
昔に比べて音楽業界での収入が減っているのは事実です。

音楽業界がバブルだった頃(CD100万枚セールスが当たり前だった時代)にプロとして仕事をしていた
先輩ミュージシャンに当時の事を聞かせていただいた事がありますが、
当時のギャラの相場は「今のおよそ10倍」と仰っていました。

某有名アーティストN.Aさんのライブサポート(バックミュージシャン)のギャラは当時で一日「200,000円」だったそうです(本人談)

昨今の音楽業界は、縮小されていますので
それに伴い、ミュージシャンの収益が減っているのが現状です。

 

3.プロミュージシャンの共通点

プロミュージシャンの方は必ず以下のような共通点を持っています。

・いつも明るい(コミュニケーションが取りやすい)
・自分の担当楽器以外の知識も持っている
・自分独自の強みを持っている
・自分から情報を発信している
・機材を大事にする

ミュージシャンと言う仕事は、初対面の方と仕事をする機会がとても多いです。
音楽とは言っても、結局は「人と関わる」仕事なのでコミュニケーションがとても大切です。

現場に入る時は「おはようございます」
※不思議なことに、何時に現場入りしてもこの挨拶です。「こんにちわ」は「こんばんわ」は殆ど使うイメージがありません。
誰かとすれ違ったら「お疲れ様です」
※「ご苦労様です」とかは使いません。基本的に全ての人に対して「お疲れ様です」が使用されます。

仕事をたくさん取っているミュージシャン(売れっ子)は上記のような、
ごく当たり前の挨拶をとても明るく自ら進んでしています。

様々なミュージシャンと仕事をして交流を持つうちに、必然的に自分の担当パート以外の楽器にも詳しくなるんですね。

また、自分独自の強み(演奏スキルやキャラクター、音色など)を明確にして
その強みをしっかりと発信出来ているミュージシャンが多くの仕事を取っている印象があります。

※SNS(フェイスブック、twitter、インスタグラム)などの発展によって誰でも簡単に情報を発信出来るようになった現代では
それらを上手く使っている人と、そうでない人の格差はとても大きですね。
SNSだけでなくホームページを持っているミュージシャンもとても多いです。
(ホームページは名刺や宣材を持つのと同じような意味でビジネスとしての信用性を向上させています)

そして、自分の機材をとても大切に扱っています。
値段の大小でなく、自分自身の「商売道具」という意識がとても高く
本番の直前まで自分の楽器を磨いているミュージシャンなんかもよく見かけます。

イチロー選手が自らバットを磨いているという話を聞いたことがありますが、
ミュージシャンも「楽器に大事にする人」ほど演奏スキルが高いです。

 

4.どうやって仕事を取っているのか?

ミュージシャンって、「技術職」だと思われがちですが実際は「営業職」です。
youtubeなどで演奏を投稿している人の演奏スキルの高さには毎回驚かされますが、
そのような演奏スキルが高い人が売れっ子とは限りません。
ミュージシャンは「演奏スキルが高い=売れっ子」ではないのです。
※演奏スキルが高くても仕事がないミュージシャンはたくさんいます。

ミュージシャンとして仕事を取るには、
「自分」という商品をどうやって売り込むかを考えなくてはいけません。
そのために、まず「差別化」を意識的に行います。
「速弾きなら誰にも負けない」「音色へのこだわりは負けない」程度の差別化でなく
「ペンタトニックの速弾きなら日本一です」や「ギター、アンプなどすべて65年製で揃えた本物のトーンを提供します」
このくらい細かい差別化をすることがベストです。
理想としては、「〇〇ならあの人しかいないから、あのひとに頼もう」となることです。
つまり、どんな小さな事(分野)でも良いので日本一を目指して下さい。

ここまで差別化出来れば、あとはその情報(自分という商品)を売り込むだけです。
SNSを使ったり、youtubeに演奏動画を公開したり、ホームページを作ったり、セッションに参加して名刺や宣材を配ったり。

これらの活動を1年も続ければ必ず仕事を取れるでしょう。

それでも、もし仕事が取れない場合は
「差別化(キャラクター設定)」か「営業方法」のどちらかが間違っているので、
これらを見直して改良していけば必ず仕事を取れます。
※当然最低限の演奏スキルや読譜能力があることが前提です。

 

 

5.まとめ

ミュージシャンを目指す人はとても多いですが、プロのミュージシャンとして活躍出来る人は極少数です。
多くのひとは、自分の演奏スキルに磨きをかけることだけに意識が行ってしまい、「プロになるための戦略」を持っていません。

SNSや動画投稿サイト、ホームページや宣材、名刺、プロフィール写真、音源などをキチンと用意して
正しく活動できているミュージシャンはやがて「売れっ子」になります。

音楽業界自体が縮小されている現代で、音楽のみで生計を成り立たせている「プロミュージシャン」は
たまたまプロに成れたのでなく、なるべくしてなった人です(しっかりと戦略を立てて行動した人)

もし、あなたが今後ミュージシャンとして生計を成り立たせたいのであれば
一度時間を作って「プロになるための戦略」をしっかり考えてみて下さい。

戦略を練り、正しく行動すれば、必ず結果はついてきます。