腹式呼吸から得られる3つの体感ベネフィット


 

以前、体験ボイストレーニングについてふれましたが、今回はそこから学んだ"腹式呼吸"を続けることで、得られる一石三鳥の体感ベネフィットをシェア―したいと思います。

 

その3つの体感ベネフィットとは、、、、

 

1・脂肪燃焼の効果

2・発声が良くなる

3・便秘解消なる

です。

 

 

1.脂肪燃焼の効果

 

腹式呼吸は横隔膜を上下させる事により、腹筋に自然と力が入る呼吸方法の1つです。

そのため血行が良くなり脂肪燃焼の効果がみられます。

例えば、腹式呼吸の練習でそれを体感できる方法が、、、、、

①鼻から大きく息を吸う

②吸ったら一旦息をとめる

③"あ"を発声する口のかたちで、「あー」と声をだしながら息が続かなくなる限界までだしきる。

そうすると腹部に負荷がかかり、自然と力が入ります。

練習をしていく事で、軽い腹筋運動にもなります。

 

2. 発声が良くなる

 

胸式呼吸に比べて腹部から発声すると、あまり喉に負担をかけることなく発声する事ができます。

そのため、声量があがり声が通りやすく明瞭になります。さらに、響く声もだせるようになり音域の高低差もコントロールしやすいです。

発声が良くなると表現力もあがっていきます。

・3 便秘解消になる

 

腹筋が衰えると、腸の力も弱くなっていき便秘になりやすいです。

定期的に腹部での発声練習をすると、横隔膜が上下に動きます。

自然と腸の運動にもなり活発に動くので、便秘が解消されやすくなります。

 

 

まとめ

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの実験で、取り上げられている"メラビアンの法則"がある。(俗流解釈とされている内容もあります)

そこに"人は、初めて会った人の第一印象は3~5秒できまる"とされています。

その情報を認識する場合、視角情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%で判断されるとあります。

Youtubeでもかなりの視聴回数で有名なったスーザン・マグダレン・ボイルは、イギリスのオーディション番組に出演し、審査員に自分の夢を語ります。

見た目からなのか、観客席からは失笑もありました。

しかし、彼女がワンフレーズ歌った瞬間、会場の空気は一気に変わりそれがきっかけでスターダムへとかけ上がっていきました。

 

 

声は1つの武器です。磨きあげれば自分にしか出せない唯一無二の最強の武器にもかわり、視角情報も凌駕します。

今回、3つのベネフィットをご紹介しましたが、発声を磨けば4つ、5つとまだまだベネフィットはあるのかも知れません。

 

 


The following two tabs change content below.
G minor 7 運営事務局
「カッコイイ名刺を作りたい」「名刺で自分を表現したい」そんなミュージシャンの願いを叶えるデザイン会社です。 我々は名刺を始めとした各種デザインを提供することにより、ミュージシャンやバンドマン、アーティストの活動を応援しています。