ヤマハさんのエレクトリックベース科の実技試験の課題曲3曲を弾いてみた

ミュージシャンと言われる方はいっぱいいますが、

うまいミュージシャンとか、できるプレイヤーとか、基準がなくてわかりづらいものです。

 

今回は、ヤマハさんの音楽教育事業の「ヤマハ大人の音楽レッスン講師募集」の実技試験の課題曲3曲を弾いてみました。

感想を書いてみようと思います。

 

1・実技試験について

ヤマハさんのホームページに課題曲のページがあります。

http://www.yamaha-mf.or.jp/t-audition/pms/content/eb.html

もちろんベースだけでなく、いろんな楽器の科目があります。

 

2・課題曲1について

 

スローテンポの16ビートの曲でした。

イントロのベースソロから始まって、タイトなグルーブとキメを演奏できるか問われています。

ソロの構成力など、なかなか良問でした。

 

細かく見ていくと、

イントロ5小節目のEbm6 / F がおいしいフレーズ作りの鍵かと思います。

コードのトップノートに被らないフレーズも大事かと思います。

 

Bパートの指定のフレーズのハンマリングオンやスライドを使うことなど、

表現力も問われています。

 

3・課題曲2について

 

ミドルテンポのバウンス系の曲でした。

ベースラインがほぼ音符で指定されていて、

読譜力、グルーブ感、最後のユニゾンなど、これもベーシストにとって大事なことが判断できる曲でした。

 

演奏上のポイントに、2フィンガーで演奏と書いてあります。

あえて2通りのアプローチをしてみました。

最初は、中指と人差し指の2フィンガーで、いわゆる普通のアプローチです。

次は、人差し指と親指の2フィンガーで、モータウンやウッドベース的なアプローチです。

個人的には、どちらも正解であり、それをチョイスできるのがプレイヤーの引き出しの多さかと思います。

大事なのはグルーブです。

 

4・課題曲3について

 

早めのテンポの16ビートのスラップの曲でした。

マーカス・ミラースタイルのフレーズで、フィルイン以外全部音符の曲でした。

 

基本の4小節パターンなのですが、

プルの場所やゴーストノートの音符など全部指定されています。

個人的な手癖もありますが、なるべく楽譜通りにできるのがいいと思います。

 

演奏上のポイントに、リズムが前に突っ込まないようにとありますが、

コツは、フレーズを歌う事だと思います。

ダウンビート(オンビート)をしっかり感じて、1拍1拍をしっかり長く歌う事。

 

5・まとめ

個人的に、3曲の中で一番難しかったのは1曲目でした。

アドリブが多かったために、センスが問われてます。

もちろん2曲目・3曲目もグルーヴ感や読譜力を問われていて、100点を出すのは簡単ではないと思います。

私も自己採点は、90点から95点ぐらいかと思います。

 

しかしながら、

プロと自負したいミュージシャンでしたら、この曲集を難しいと感じてはダメだと思います。

スタジオワークでは、30分ぐらいでこなさなくてはいけないと思います。

この楽譜以上のプレイができなくてはいけないと思います。

ルーパーを使ってソロベースを弾いてみる Michael Jackson【Billie Jean】

最近ではルーパーと言われる機材があります。

これはとても便利で、一人で伴奏もメロディーも演奏できるのですが・・・

 

いろんなメーカーがあってどれにしていいかわからないって方も多いハズ・・・

今回は私のオススメするルーパーを使ってソロベースを演奏してみました

 

 

Michael Jackson【Billie Jean】です

今回はファンキーにベースを強調したアレンジにしてみました

 

1・使っているルーパーは???

購入にあたって考えることは

・ルーパーでどういうことがしたいか?

・入力端子は何ができるか?

・エフェクターや素材の加工する機能はあるか?

・大きさ重さは?

これを整理すると見えてきます

私の場合は、

・複数のトラック簡単にを切り替えられる

・入力はギター(ベース)のみ

・エフェクターも加工もいらない

・持ち運べるようになるべく小さいやつ

 

これを検討した結果

 

TC Electronic の Ditto X4 Looper

 

になりました。

これは大変おすすめです。

 

2・何ができるのか?

これは

・2トラックが簡単に切り替えられる(1トラックで使うことも可能)

・トゥルーバイパス(ベーシストにはありがたいです)

・エフェクトが曲のエンディングに使いやすい(Tape StopとFade)

・音源を簡単に止められる

・頑丈なのに軽い

他にも・9Vで動く・MIDI対応などなど色々と素晴らしい機能があります。

 

3・実際に使ってみる

それでは動画を解説いたします

まずビリージーンは、AメロとBメロとサビでできてます

Aメロとサビは同じコード進行です

 

Aメロ(サビ)はF#mとBmの2つでできます

これをAトラックとBトラックで分けます

Aトラック F#m

Bトラック Bm

こうすれば、踏み替えるだけでコード進行が作れます

 

Bメロはルーパーを止めて一人で演奏すればいいのです(変化もつけられますし)

 

これを応用すればいろんな曲が演奏可能です

例・Isn't she lovely

 ・戦場のメリークリスマス

 ・初めてのチュウ

 

4・ルーパーを使うコツ

実はルーパーは大変便利なエフェクターで、

まずは基礎練習に使ってほしいと思っております

それはなぜか?

・テンポキープの練習

・踏み替えの練習

・構成を考える練習

この3つがとても大事だからです。

・AトラックとBトラックでテンポやグルーブが変わらないようにすること

・踏むのをミスってループがズレる

・Aを出すつもりがBを出した

 

特にテンポとグルーブは注意です。

ルーパー使いのうまいヴィクター・ウッテンやリチャード・ボナは素晴らしいグルーブとテンポキープができます。

 

4・最後に

今回は標準的な楽器とエフェクターを使いました。

・Fender Jazz Bass(65年製ビンテージ)

・コンパクトマルチエフェクター(Zoom 506 II)

これでも工夫と練習で1曲演奏ができます。

 

大事なのはトライしてみることですね。

ギターでも難しい曲をベースで弾いてみる Yngwie Malmsteen Trilogy Suite Op.5 早弾きとその練習のコツ

どんな楽器でもテクニックを身につけるには練習が必要です

でもどんな練習をしたらいいかわからないなんてことも・・・

 

今回はギターインストの有名曲

Yngwie Malmsteen【 Trilogy Suite Op. 5 】を取り上げてみました

 

 

自分がどんな練習をしたかまとめてみます

 

1・曲をよく聞く 動画を見る

当たり前のことなのですが

練習する曲をよく知っていることが大事です

スタジオレコーディング版

ライブ版

youtubeでは本人以外のカバーやコピーも多数あると思います

いろいろ見てみて

どういうアプローチか?

テンポやグルーブは?

フレーズは崩しているのか?

よく研究してみましょう

 

2・遅いテンポから早いテンポまで練習する

フレーズを手に覚えさせるまでゆっくりのテンポから練習します

ここはじっくり取り組みましょう

覚えてきたら元のテンポより早いテンポでも練習することです

実はこれが大事で

元のテンポに戻した時にゆっくりに感じることができます

ライブで演奏することも想定したら

テンポが上がることにも対処できます

 

3・焦って練習しない

私がこの動画を撮るのに練習に10日ほどかけました

その理由は

1・手を痛めないため

2・飽きさせないため

3・毎日練習内容を変えるため

練習した翌日に最初に弾いた感触が

現状の実力だったりします

 

4・何を大事にしてコピーするか

今回この曲を演奏するにあたって自分が一番悩んだのはテンポでした

テンポを上げて弾けばフレーズのアラが目立たずカッコよく聴こえます

事実私も動画より原曲より早いテンポの方が弾きやすかったです

 

しかし

今回はきちんとフレーズをちゃんときちんと弾くことを大事にしてみました

リバーブや歪みなどのエフェクターでごまかさないで弾くことが一番難しいです

私自身とてもいい練習になりました

 

5・感想

右手のリズム感

左手の表現力

両方がきちんと合わさらないとテクニックのある曲をちゃんと弾くのは難しいです

超高級ベースを弾き比べてみる ケンスミスとフォデラを比較

プロの使う楽器はもちろん良い楽器です

その中でも ハイエンド と言われる超高級なものがあります

 

今回は

ベース界のロールスロイス

フォデラ

ベース界のベンツ

ケンスミス

 

これを弾き比べてみました

Disco の定番曲  Le Freak です

ちなみに

原曲のベーシストの バーナード・ エドワーズ は 当時の新作 ミュージックマン スティングレイを使ってます

 

1・フォデラ

ハイからローまでバランスよく綺麗に出てます

ローBからハイGまでスムーズに繋がる音質はハイエンドベースの特徴です

スラップの綺麗でいて、うるさくない感じはフォデラに共通していると思います

上品という表現よりクセがないという方が合ってると思います

沈みすぎず浮きすぎないのにちゃんと主張ができる

どんなジャンルにも合うような素晴らしい楽器です

職人向きとも言えます

 

2・ケンスミス

こちらもバランス感やスムーズ感はとても素晴らしいです

フォデラよりローミッドに締まりがある感じでした

歌ものには相性が良さそうです

ゴスペルのように動いてもベースという枠から出ない下にいてくれる楽器です

ケンスミス独特のスラップのケロケロ感がプレイヤーの好みにあえば

クセがある分フォデラより個性が出しやすいかもしれません

 

3・まとめ

高価なものはなんであれいい音がするし

弾くのも楽しいです

 

ありがとうございました