ミュージシャンが仮想通貨を活用して爆発的に知名度を上げる方法

本気で売れたいミュージシャン必読!今話題の仮想通貨に便乗して爆発的に知名度をあげる方法論

あなたは仮想通貨をどれくらい知っていますか?

殆どのミュージシャンは「聞いたことはある」程度の知識ではないでしょうか。

なぜ「聞いたことはある」のか?

その答えは単純明快で「世間の話題になっているから」です。

つまり、「仮想通貨」という言葉はニュースなどで世に露見する機会が多いということです。

 

 

契約金がビットコイン支払いのスポーツ選手

トルコの小さなサッカークラブは契約した選手にビットコインで契約金の一部を支払いました。

(日本円でおよそ11万6000円相当)

たったそれだけのことで、関連記事が約471,000件も公開されています(2018年2月7日現在)

仮想通貨女子って知ってますか?

仮想通貨のアイドル(?)です。

仮想通貨の投資家たちにはいち早く認知されたようです。

 

私の個人的な見解ですが

仮想通貨の投資家=比較的若い(30代前後)の男性が多いイメージです。

※しかもお金にソコソコ余裕がある人

 

そこに向けて「アイドル」を発信するのはすごく賢い戦略ですよね。

 

気軽に出来るミュージシャン×仮想通貨

具体的にミュージシャン(バンドマン)が仮想通貨を取り入れて世間の話題になる(かも)しれない方法を考えてみます。

①音源やライブのチケットの仮想通貨支払いを可能にする

これは、すぐに出来ます。自分のウォレットを準備するか取引所に口座を解説してそこに支払ってもらえばOK

そして「仮想通貨決済」を開始したことを出来るだけ拡散する(ツイッターやFBなど)

そうすれば、あなたのバンドも色んなメディアに取り上げられる!(かもしれない)

 

②仮想通貨のテーマ曲を作ってみる

もっとも有名な(?)ビットコイン(BTC)以外にもイーサリウム、リップル、XP、ネムなどなど様々な仮想通貨が存在します。

それぞれの通貨には、それぞれの通貨を推すファンが必ず居ます(=その通貨に投資している投資家)

そこで、勝手に「〇〇コインの主題歌」を作ってみたらどうでしょう?

ビットコインのテーマソング、XPのテーマソングなどなど

調べていけばその通貨の特徴が見えてきますので、それを歌詞ににして曲にしてみてはいかがでしょうか?

youtubeなどで公開すれば話題になること間違い無しです(かもしれない)

 

③仮想通貨の投資体験を発信する

ミュージシャンであるあなたが自ら仮想通貨投資をしてその情報を発信していくのはいかがでしょうか?

ミュージシャン仮想通貨ブログとか面白い気がします。

数千円程度から出来るので、実体験してみてその内容を歌詞に取り入れたり

ブログを解説して情報公開したりすれば、また新たなファン層を獲得できる!(かもしれない)

 

流れに乗るなら今しかない!

仮想通貨が話題なのは「今だけ」です!

今後、世の中に浸透していけば「旬」な情報でなくなるし、その逆に国の規制などで縮小していけば言葉すら効かなくなる可能性もあります。

そんな、今だからこそあなたも「仮想通貨」の流行りに乗ってみませんか?

今すぐに行動すれば話題になることは間違いないと思います!

 

最後に

Gminor7では今後、「仮想通貨」を積極的に取り入れていきたいと考えています。

また「仮想通貨」に関連させて話題作りをしていこうと考えているバンド、アーティストの支援も積極的に行っていきます。

「仮想通貨決済を始めたよ!」や「仮想通貨の曲を作ったよ!」などご連絡いただければ

Gm7も小さいながら、その話題を広める為の協力をさせていただきますので、是非連絡を下さい!

 

ヤマハさんのエレクトリックベース科の実技試験の課題曲3曲を弾いてみた

ミュージシャンと言われる方はいっぱいいますが、

うまいミュージシャンとか、できるプレイヤーとか、基準がなくてわかりづらいものです。

 

今回は、ヤマハさんの音楽教育事業の「ヤマハ大人の音楽レッスン講師募集」の実技試験の課題曲3曲を弾いてみました。

感想を書いてみようと思います。

 

1・実技試験について

ヤマハさんのホームページに課題曲のページがあります。

http://www.yamaha-mf.or.jp/t-audition/pms/content/eb.html

もちろんベースだけでなく、いろんな楽器の科目があります。

 

2・課題曲1について

 

スローテンポの16ビートの曲でした。

イントロのベースソロから始まって、タイトなグルーブとキメを演奏できるか問われています。

ソロの構成力など、なかなか良問でした。

 

細かく見ていくと、

イントロ5小節目のEbm6 / F がおいしいフレーズ作りの鍵かと思います。

コードのトップノートに被らないフレーズも大事かと思います。

 

Bパートの指定のフレーズのハンマリングオンやスライドを使うことなど、

表現力も問われています。

 

3・課題曲2について

 

ミドルテンポのバウンス系の曲でした。

ベースラインがほぼ音符で指定されていて、

読譜力、グルーブ感、最後のユニゾンなど、これもベーシストにとって大事なことが判断できる曲でした。

 

演奏上のポイントに、2フィンガーで演奏と書いてあります。

あえて2通りのアプローチをしてみました。

最初は、中指と人差し指の2フィンガーで、いわゆる普通のアプローチです。

次は、人差し指と親指の2フィンガーで、モータウンやウッドベース的なアプローチです。

個人的には、どちらも正解であり、それをチョイスできるのがプレイヤーの引き出しの多さかと思います。

大事なのはグルーブです。

 

4・課題曲3について

 

早めのテンポの16ビートのスラップの曲でした。

マーカス・ミラースタイルのフレーズで、フィルイン以外全部音符の曲でした。

 

基本の4小節パターンなのですが、

プルの場所やゴーストノートの音符など全部指定されています。

個人的な手癖もありますが、なるべく楽譜通りにできるのがいいと思います。

 

演奏上のポイントに、リズムが前に突っ込まないようにとありますが、

コツは、フレーズを歌う事だと思います。

ダウンビート(オンビート)をしっかり感じて、1拍1拍をしっかり長く歌う事。

 

5・まとめ

個人的に、3曲の中で一番難しかったのは1曲目でした。

アドリブが多かったために、センスが問われてます。

もちろん2曲目・3曲目もグルーヴ感や読譜力を問われていて、100点を出すのは簡単ではないと思います。

私も自己採点は、90点から95点ぐらいかと思います。

 

しかしながら、

プロと自負したいミュージシャンでしたら、この曲集を難しいと感じてはダメだと思います。

スタジオワークでは、30分ぐらいでこなさなくてはいけないと思います。

この楽譜以上のプレイができなくてはいけないと思います。

ルーパーを使ってソロベースを弾いてみる Michael Jackson【Billie Jean】

最近ではルーパーと言われる機材があります。

これはとても便利で、一人で伴奏もメロディーも演奏できるのですが・・・

 

いろんなメーカーがあってどれにしていいかわからないって方も多いハズ・・・

今回は私のオススメするルーパーを使ってソロベースを演奏してみました

 

 

Michael Jackson【Billie Jean】です

今回はファンキーにベースを強調したアレンジにしてみました

 

1・使っているルーパーは???

購入にあたって考えることは

・ルーパーでどういうことがしたいか?

・入力端子は何ができるか?

・エフェクターや素材の加工する機能はあるか?

・大きさ重さは?

これを整理すると見えてきます

私の場合は、

・複数のトラック簡単にを切り替えられる

・入力はギター(ベース)のみ

・エフェクターも加工もいらない

・持ち運べるようになるべく小さいやつ

 

これを検討した結果

 

TC Electronic の Ditto X4 Looper

 

になりました。

これは大変おすすめです。

 

2・何ができるのか?

これは

・2トラックが簡単に切り替えられる(1トラックで使うことも可能)

・トゥルーバイパス(ベーシストにはありがたいです)

・エフェクトが曲のエンディングに使いやすい(Tape StopとFade)

・音源を簡単に止められる

・頑丈なのに軽い

他にも・9Vで動く・MIDI対応などなど色々と素晴らしい機能があります。

 

3・実際に使ってみる

それでは動画を解説いたします

まずビリージーンは、AメロとBメロとサビでできてます

Aメロとサビは同じコード進行です

 

Aメロ(サビ)はF#mとBmの2つでできます

これをAトラックとBトラックで分けます

Aトラック F#m

Bトラック Bm

こうすれば、踏み替えるだけでコード進行が作れます

 

Bメロはルーパーを止めて一人で演奏すればいいのです(変化もつけられますし)

 

これを応用すればいろんな曲が演奏可能です

例・Isn't she lovely

 ・戦場のメリークリスマス

 ・初めてのチュウ

 

4・ルーパーを使うコツ

実はルーパーは大変便利なエフェクターで、

まずは基礎練習に使ってほしいと思っております

それはなぜか?

・テンポキープの練習

・踏み替えの練習

・構成を考える練習

この3つがとても大事だからです。

・AトラックとBトラックでテンポやグルーブが変わらないようにすること

・踏むのをミスってループがズレる

・Aを出すつもりがBを出した

 

特にテンポとグルーブは注意です。

ルーパー使いのうまいヴィクター・ウッテンやリチャード・ボナは素晴らしいグルーブとテンポキープができます。

 

4・最後に

今回は標準的な楽器とエフェクターを使いました。

・Fender Jazz Bass(65年製ビンテージ)

・コンパクトマルチエフェクター(Zoom 506 II)

これでも工夫と練習で1曲演奏ができます。

 

大事なのはトライしてみることですね。

ギターでも難しい曲をベースで弾いてみる Yngwie Malmsteen Trilogy Suite Op.5 早弾きとその練習のコツ

どんな楽器でもテクニックを身につけるには練習が必要です

でもどんな練習をしたらいいかわからないなんてことも・・・

 

今回はギターインストの有名曲

Yngwie Malmsteen【 Trilogy Suite Op. 5 】を取り上げてみました

 

 

自分がどんな練習をしたかまとめてみます

 

1・曲をよく聞く 動画を見る

当たり前のことなのですが

練習する曲をよく知っていることが大事です

スタジオレコーディング版

ライブ版

youtubeでは本人以外のカバーやコピーも多数あると思います

いろいろ見てみて

どういうアプローチか?

テンポやグルーブは?

フレーズは崩しているのか?

よく研究してみましょう

 

2・遅いテンポから早いテンポまで練習する

フレーズを手に覚えさせるまでゆっくりのテンポから練習します

ここはじっくり取り組みましょう

覚えてきたら元のテンポより早いテンポでも練習することです

実はこれが大事で

元のテンポに戻した時にゆっくりに感じることができます

ライブで演奏することも想定したら

テンポが上がることにも対処できます

 

3・焦って練習しない

私がこの動画を撮るのに練習に10日ほどかけました

その理由は

1・手を痛めないため

2・飽きさせないため

3・毎日練習内容を変えるため

練習した翌日に最初に弾いた感触が

現状の実力だったりします

 

4・何を大事にしてコピーするか

今回この曲を演奏するにあたって自分が一番悩んだのはテンポでした

テンポを上げて弾けばフレーズのアラが目立たずカッコよく聴こえます

事実私も動画より原曲より早いテンポの方が弾きやすかったです

 

しかし

今回はきちんとフレーズをちゃんときちんと弾くことを大事にしてみました

リバーブや歪みなどのエフェクターでごまかさないで弾くことが一番難しいです

私自身とてもいい練習になりました

 

5・感想

右手のリズム感

左手の表現力

両方がきちんと合わさらないとテクニックのある曲をちゃんと弾くのは難しいです

プロボーカリスト直伝!! 高い声を出す方法

今回は、プロのボーカリストに「高い声を出す方法」を教わったのでご紹介していきます。

講師は、Diva mania recordsの代表アーティスト、ボイストレーナー、モデルとして活躍中のMannieさんです♪

1.Mannieさんとは誰ぞや

Mannieさんはプロのアーティストでありテレビ出演したり某大手事務所に所属して活動されていた経歴を持つ実力派アーティスト。

テレビ出演の実際の映像がこちら↓

今回は、取材に対して快くボイストレーニングのコツを教えていただいたので、読者限定でご紹介します♥
 

2.高い声を出す方法

ボイストレーナーをされているなかで、最も多い質問は「高い声を出したい」だそうです。

そこで高い声を出すコツを特別に1つだけ教えていただいたので、ここでご紹介しましょう。
それは、「膝を使うこと」
 

膝を肩幅に開いて内股にすると、高い声が出るようになります。

実際、椎名林檎さんや安室奈美恵さん、中島美嘉さんなどが歌っているとき、このスタイルになっています。

出典:ナタリー

他にも声の相談や、ボイストレーニングを受けたい方は マニーさんのホームページ、Mannie maniaへどうぞ♪

3.声が小さい人が声を大きく出す方法

筆者にも声の悩みがあり、相談しました。
それは、声を大きくする方法です。

よくバンドでも、「楽器の音に負けちゃう」とか「声量を上げたい」と言っているボーカリストがいますよね。


Mannieさんの生徒さんで、「遠くまで声を届かせたい」という悩みをもっている保育園の先生がいるそうです。

改善方法としては、
部屋の隅から隅まで声を届けるイメージで毎日最低5回でも声を出すことだそうです。

その練習をしているうちに大きな声を出せるようになるそうです。

早速実践しようと思います! 


3.Mannieさんのボイストレーニングが他のボイストレーナーよりもオススメな理由

1.難しい専門用語を使わない



Mannieさんの生徒は、子どもからお年寄りまでいます。どの年代、または初心者でも理解しやすい言葉でボイストレーニングを受けることができます。

レベルに応じたトレーニングを分かりやすく熱心に教えてくれるトレーナーです。

2.日頃の悩み相談なども乗ってくれる



バス釣りをするMannieさん

Mannieさんはこんな女性です。

・初対面でも、明るく優しく話しやすい
・音楽に対して真剣で真面目
・趣味が多彩である
・女子力が超高い

ボイストレーニングだけではなく、とても魅力的な女性です。

生徒さんが多いのも納得。

4.彼女が代表をつとめる女性限定のレコード会社Diva mania recordsとは

1.アーティストの負担が少ないレコード会社

通常、アーティストが事務所に所属すると、所属費やトレーナー費がかかります。
しかし、この事務所に所属するとボイストレーニングには費用がかからず制作費も事務所負担になります。

お金がかからず、ライブへの集客と物販の販売を頑張れば、アーティストの稼ぎになるというのは魅力的ですよね。

音楽活動にかかるお金をバイトで稼ぎ、体も心も疲れてしまうアーティストが沢山います。
事務所が最低限の費用を負担してくれるということは、音楽に使える時間を増やすことができ、とても魅力的ですよね。

2.ただいま、女性アーティスト募集中


 

「ライブ会場で1番を目指したい!」


「可愛いだけじゃない女性アーティストを目指したい!」


「対バンした男の人のバンドをぎゃふんと言わせたい!」

そんな女性ボーカリスト、シンガーソングライターの皆さんは、ぜひDiva mania recordsへ!

問い合わせや応募が多いそうなので、やる気のある方はお早めに。


5.Mannieさんも「ミュージシャンなら名刺は絶対必要!!!」派

音楽業界を歩いてきたMannieさん。

「名刺は絶対に捨てない」

「物販+名刺で絶対に覚えてもらえる」

と、ご意見をいただきました。

やはり、ファンを増やしたいなら名刺が必要ですね。

→音楽テンプレートデザイン名刺はこちら←

「自分だけのデザインで名刺を作りたい!」という方はこちらへどうぞ

 

6.まとめ

・声の相談やトレーニングはMannieさんに相談しよう

・女性ボーカリストはDiva mania recordを調べよう

・ファンを増やすなら名刺は必要!

 

ミュージシャンが名刺を使う場面を紹介するよ

ミュージシャン×名刺と聞くと、馴染みのある人とピンとこない人がいると思います。

音楽を仕事にしているプロミュージシャンは大体名刺を持っています。

では、その辺のミュージシャンに名刺が必要ないかというと、そうではないのです。

楽しく音楽を続ける上で、ものすごく役立つのが名刺なのです。

この記事では、ちまたにいるその辺のミュージシャンが名刺を使う場面について取り上げて解説していきます。


1.楽器店の店長さんに配る

高価な買い物をしなくても、店長さんや店員さんに覚えてもらうことができます。

人見知りのミュージシャンでも、何か聞きたいことがあったり相談したいことがある場合話しかけるきっかけになります。
話のネタとして、為になる知識などを店員さんから引き出すことができます。


2.音楽プロデューサーに渡す

いつどこで、あなたの音楽を有名プロデューサーが聴くか分からないので常に持っておきましょう。

「おっ、君いいねぇ。」
そう言われたら、何て返しますか?
名刺をサッと取り出して自己アピールしたらかっこよくないですか?


3.ライブハウスのマネージャーや音響、PAに渡す

ライブハウスで働いている人は、音楽人を多く見ているので、「ダメな音楽人」と「伸びシロのある音楽人」を見分けています。

名刺を配るということは、真剣に音楽をやっていることを伝えることです。


ある新宿のライブハウスの店長は、「ライブハウスにアドバイスを求めるミュージシャンが少ない」と言います。
名刺を渡すと、参考になる意見をもらえたり、良い人や良い音楽を紹介してもらえる可能性があります。

4.メンバー募集のため配る

あなたが誰かと組んで音楽をやろうと思うとき、どうやって理想の相手を集めますか?
大体はネットではなくリアルの繋がりが多いのではないでしょうか。

相手に与える影響を良くすると、自然に自分を成長させてくれるメンバーが見付かる可能性が高くなります。


5.講師インストラクターとして配る

音楽に実績があるならば、講師やインストラクターとしての道もあります。
よくある、ボイストレーナーであったり、ピアノの先生などのことです。
楽器の初心者に向けてであったり、子供に教えるアルバイトをすることもできます。

「人を教える」時に、自分の身分を明かす名刺は必要になります。

6.イベント主催者として参加者に配る

イベントを主催すると、多くの人に出会います。
「友達を6人さかのぼれば誰とでも知り合える」とは言いますが、多くの人に出会うならば、ラインの交換よりも名刺の方が数をさばけて手間取らないので便利です。


7.ファンやファンになりそうな人に配る

好きなミュージシャンから何か貰ったら、それは宝物になります。

ファンに名刺を渡してあげましょう。
FacebookやTwitterとは違った方法で、あなたの音楽や名前を広げてくれることでしょう。

ファンの他にも、ファンになりそうな人に配るということが大事です。
ファンになりそうな人とは、ライブに来てくれたり興味をもってくれたりする人のことです。
路上ライブをしているのならば、お客さんに名刺を渡すことで、必ずあなたのことを調べてもらえます。理解してほしいあなたのイメージ像が伝えられます。


8.ナンパに利用する

・見ず知らずの人にいきなり声をかけられる
・声をかけられて名刺を渡される

どちらの方がナンパ成功率が高いでしょうか。
スマートに連絡先を渡せるということは、
周りと差をつけることができます♪

あるクラブや会員制のバーなどでは名刺の提出が義務付けられているところがあります。

社会的な信用度も、人付き合いでは問われます。


9.親、兄弟に渡す

あなたがミュージシャンとして活動していることを親や兄弟は知っていますか?
賛成、応援してくれていますか?

「自分の1番身近なところから信用を得る」ということはとても大事です。
言葉や写真で音楽活動の雰囲気は伝えられますが、音楽に対するまっすぐな気持ちを伝えることがとても大事です。

10.対バンのミュージシャンに配る

何度も同じバンドと対バンしていませんか?

いつも同じ顔だと進歩がありません。
マンネリを感じていたら、動くチャンスですよ。

音楽関係同士の出会いは、自分の宝物です。
面白いバンドやミュージシャンがいたら、ラインやTwitterではなく、直接会って話すこと。
そこで利用していただきたいのが名刺。

あなたの音楽活動をリンクさせる名刺です。


11.まとめ

・ミュージシャンなら名刺を作って損することはない

・上を目指すならば、今行動することが大事。

超高級ベースを弾き比べてみる ケンスミスとフォデラを比較

プロの使う楽器はもちろん良い楽器です

その中でも ハイエンド と言われる超高級なものがあります

 

今回は

ベース界のロールスロイス

フォデラ

ベース界のベンツ

ケンスミス

 

これを弾き比べてみました

Disco の定番曲  Le Freak です

ちなみに

原曲のベーシストの バーナード・ エドワーズ は 当時の新作 ミュージックマン スティングレイを使ってます

 

1・フォデラ

ハイからローまでバランスよく綺麗に出てます

ローBからハイGまでスムーズに繋がる音質はハイエンドベースの特徴です

スラップの綺麗でいて、うるさくない感じはフォデラに共通していると思います

上品という表現よりクセがないという方が合ってると思います

沈みすぎず浮きすぎないのにちゃんと主張ができる

どんなジャンルにも合うような素晴らしい楽器です

職人向きとも言えます

 

2・ケンスミス

こちらもバランス感やスムーズ感はとても素晴らしいです

フォデラよりローミッドに締まりがある感じでした

歌ものには相性が良さそうです

ゴスペルのように動いてもベースという枠から出ない下にいてくれる楽器です

ケンスミス独特のスラップのケロケロ感がプレイヤーの好みにあえば

クセがある分フォデラより個性が出しやすいかもしれません

 

3・まとめ

高価なものはなんであれいい音がするし

弾くのも楽しいです

 

ありがとうございました

お金を節約しながらファッションを楽しむ4つの方法

ミュージシャンは、ファッション好きやお洒落な人が多い印象があります。
ファッション好きにとっての最大の問題は、「お金がかかること」です。

元の値段が高い洋服であっても、リサイクルショップやオークション、バイマなどで安く手に入ることもありますが、やはりお金がかかります。

今回は、お金をかけずにファッションを楽しむ方法をご紹介します♪

1.買い物をしてはいけないタイミング

人には「気もちとお財布の紐がゆるむタイミング」が存在します。

・夕方から深夜にかけての時間帯
・給料日の後
・バーゲンとセールの後

このタイミングで買い物をすると、解放感から余計な買い物をしてしまうことが多いといわれています。
このタイミングで気になっているものや欲しいものを見ないようにしましょう。

2.良いものを見つけても、その場で買わない

出先で「いいな!」と思うものを見つけても、すぐに買ってはいけません。それはワナです。

この時脳は興奮して頭がフワフワしているので、グッとこらえて買わずに帰りましょう。
3日~1週間は買わずに家で考えてみることが大事です。「本当に必要なのか?」と自分によく問うてみると良いでしょう。

こうすることで、衝動買いや無駄遣いは100%無くなります。
本当にあなたに必要なものなら、3日でも1週間でも、誰の手にも渡らずにあなたを待っていますよ。

3.いかに安く買うかではなく、買わないという選択肢が正解

人は物を買うとき、「いかに安く買うか」考えがちですが、「買わない」のが1番の節約方法です。

そもそも服なんて、トップス3枚、ボトムス2着程度あれば生きていけるのです。

洋服は、肩の幅や丈が合っているか。

サイズ感が大事。

「いつも同じ服だね。」と言われたら、目潰しでもしておこう。

4.流行は追いかけない

流行には仕掛人がいます。
流行を取り入れるとお洒落に見えるかもしれませんが、流行が過ぎてしまえば「時代遅れのダサい人」になってしまいます。

業界の見えない力に左右されてはいけません。
自分のスタイルを見つけて、くれぐれも流行に左右されて散財しないように気を付けましょう。


5.まとめ

・いつも同じ服=あなただけのスタイル

・どうしても欲しいときは、頭を冷やす時間をつくろう
 

女性ミュージシャン必見!!周りと差をつける方法4カ条

あなたは、自分の「売り」を知っていますか?

どこにでもいそうなミュージシャンは、簡単に埋もれてしまいます。その中で光るためには、「差別化」が重要です。

この言葉はとても大事です。


友達の中で

・オカマのミュージシャン

・外見からは想像のできない声を出す人

・おっさんアイドル


そんな友達はいませんか?
いなくても、どこか忘れにくく印象に残りやすくないですか?

自分がどう魅せるかではなく、人がどう感じるか

ここがミソです。


この記事では、女性ミュージシャンの「差別化」に目を向けて、必ず考えるべきことを4つご紹介します♪


1.人がやっていないことをやる

まずは、自分の特徴や特技で「人とはちょっと違う自分にしかできないこと」を考えてみると良いですね。

どんなに可愛いシンガーソングライターでも、西野カナの二番煎じなら誰の印象にも残りません。
プライベートでアブナイ趣味があったり別の顔をもっていたりしたら、音楽性にも深みが出てくるでしょう。

「人がやっていないことを追及する」ということは、自分の勝てる土俵を探すということです。

西野カナと同じ土俵に上がっても、勝負できるはずがありません。


2.ギャップがあなたを引き立てる

一時期話題になった、ビリギャルを覚えていますか?「ギャルだけど高学歴」「努力できるギャル」で話題になりました。

あなたの中には必ず“陰”と“陽”の部分があります。

低音域が苦手=高音域が得意
サビのクリーンが下手=デスボイスがうまい
早く弾けない=ゆっくり感情を込めて弾ける

などなど
まずは長所と短所を書き出してみましょう。
長所をいかすには何ができるのか立ち止まって考えることが必要です。


3.方向性が決まったら目標を決めて、ひたすら極めるor色々な分野に挑戦する

「差別化」や「ギャップ」である程度方向性を定めたら、色々な世界に触れて様々な事に挑戦しましょう。
まずは目標のイメージをもって、目標にたどりつくために必要なことを書き出してください。
例)やるべきこと、足りないこと、目標を達成するために出会うべき人など

あなたがイメージをすればするほど、目標に一歩近づきます。
また、知らなかった自分の側面に気づいたり、色々な視点で考えることができるようになります。

あとは、自分だけのエッセンスを加えながら練習・練習・練習です。

自分の成長の様子をブログに書いたり、動画で発信することも大事です。


4.地道な努力

人はあなたの動きや言うことを注意深く見ています。

飽きて途中でやめてしまったり、無責任な発言を連発すると、「こいつは信用ならねぇ」となります。

地道な努力は裏切りません。

・毎日練習をしたり動画をアップロード
・定期的にライブを開く
・人脈を広げるために名刺を配る

しかし、努力の方向性が間違っていると、効果がでないばかりか目標から遠ざかってしまいます。
相談相手や、自分を評価してくれる存在を身近におきましょう。

人から「信頼を得る」これが重要です。
信頼を得ることができれば、あなたを応援してくれる人は必ずどこかにいます。


5.まとめ

・ギャップをつかって差別化をはかろう

・信頼を得るには地道な行動と努力が必要