完璧主義のミュージシャンが陥りやすい罠


あなたの得意分野は何ですか?
楽器を扱うなら、どんなプレイが得意ですか?

ミュージシャンは、才能があれば苦悩しません。必死に努力しても半分以上の人は諦めてしまいます。

「○○完コピ!」など完璧を求めるミュージシャンが多くいます。
しかし、それでは所詮コピーなのです。
この記事では、「完璧主義を求める前に考えるべきこと」を紹介していきます。


1.完璧を目指すと挫折するワケ

学生時代、オールAの成績をとる人がいませんでしたか?

学生時代は、言われたことを完璧にやってオールAをとっていれば、誉められたり認められました。

しかし、これは社会では通用しないのです。


その理由は単純に「時間に余裕が無いから。」


社会に出ると、超重要な仕事もあれば、とりあえずこなせばいい仕事、雑用などもあります。
プライベートでも、恋人と過ごす大事な時間もあれば楽器の練習や付き合いの飲み会などがあるでしょう。

質の高いプレイをするには、この中のどこに多くの時間と労力をつかい、どこで手を抜けばよいか意識することが重要です。


2.自分の得意分野を伸ばす

人には、一人ひとり強みがあります。
それは感覚的なものであったり身体的な長所、才能であったりしますが、これをまずは把握することが必要です。

人から誉められた事はありますか?
自分で思い込んでいる得意分野と他人が感じとる得意分野は異なる場合があります。

逆にあなたの弱点はなんでしょう?
弱点を補おうと努力するより、時間を上手く使って強みをフルにいかした方が大きな成功をおさめられます。


時間には限りがあるので、すべて完璧を目指そうとすると、成功の可能性を狭めてしまいます。

3.3つの優先順位を考える

1)大きな時間を費やしたり仕事の質を上げることで、得るものがある《優先度が一番高い》

例:目標に関すること、歩合給の仕事、楽器の練習など

 

2)ほどほどの結果を出せばヨシとするもの

例:ミーティング、付き合いの飲み会など

 

3)時間を費やしても得るものがないもの《質が低くても構わないので早々に終わらせる》

ゴミ捨て、ダラダラとテレビ観賞など

 

4.まずやるべきこと



1)スケジュールやノートをつける


2)週の初めに、最優先すべき活動のスケジュールをいれる。

(そうすることで、余った時間で他のことを片付けることができる)


3)余った時間で、他の活動のスケジュールを割り振る。


4)活動にかかった時間をメモし、次のスケジュールに活かす

 

5.まとめ

・完璧を目指すのではなく強みをのばす

・得意分野を活かせるか活かせないかはあなた次第


The following two tabs change content below.
埼玉県出身の26歳。 和服と音楽が好き。 看護師として働きながらgminor7のライターをしています。