相手に響くメッセージを書く方法


人には無意識の行動や心理があり、これを応用すると相手に届きやすい曲やメッセージを作ることができます。
この記事では、カクテルパーティー効果というマーケティングの手法をミュージシャンにもあてはめて考えていこうと思います♪

 

1.カクテルパーティー効果とは

カクテルパーティー効果とは、多くの情報のなかから自分の興味のある情報だけを聞き分けたり見分けることです。

あなたは、liveハウスなどの沢山の人がいて騒がしいところで、当たり前のように親しい人の声、興味のある音を聞き分けたりすることができます。

でも、これって実はスゴイことなんです。
目・耳・鼻・直感などから感じ取った多くの情報の中からこれを選びとっているのです。

人が無意識のうちにとっている行動だからこそ、活用しない手はありません。

2.カクテルパーティー効果を用いてみる

ミュージシャンのあなたが曲を作ったり、メッセージを発信するとしたら、ターゲットを絞ることが大事です。

なぜならターゲットをしぼることによって、ピンポイントで相手の興味のあることで共感を誘い、結果的に多くの人の共感を呼ぶからです。

 

例をあげると…

・20代前半 男性 職場と自宅の往復で疲れているあなたに、人生の楽しさを提案する楽曲

・男女問わずこれからの人生に悩んでいる人に向けた楽曲

これをターゲットにしてみましょう。

3.ターゲットの興味のあることを調べる、想像する

上に書いたターゲットの興味のあることを想像してみると、

 

「社会人になったばかりで、仕事のことで悩んでいる」

「彼女がほしいけど出会いがない」

「フリーターで夢を追いかけてるけど、いつまで続けるか悩んでいる」

「安くて美味しい居酒屋、自炊、節約について」
といったものがあげられます。

ポイントは、「想像する」ことです。
架空の人物を頭のなかで考えてみることです。
自分や身近な人物をあてはめて考えてみても良いでしょう。

4.まとめ

・思いを届けたい相手の興味のあることを想像して歌詞やメッセージなどをつくってみる

・カクテルパーティー効果で、多くの情報の中から選んでもらえるようなメッセージをつくろう

 

 


The following two tabs change content below.
埼玉県出身の26歳。 和服と音楽が好き。 看護師として働きながらgminor7のライターをしています。