ギターでも難しい曲をベースで弾いてみる Yngwie Malmsteen Trilogy Suite Op.5 早弾きとその練習のコツ

どんな楽器でもテクニックを身につけるには練習が必要です

でもどんな練習をしたらいいかわからないなんてことも・・・

 

今回はギターインストの有名曲

Yngwie Malmsteen【 Trilogy Suite Op. 5 】を取り上げてみました

 

 

自分がどんな練習をしたかまとめてみます

 

1・曲をよく聞く 動画を見る

当たり前のことなのですが

練習する曲をよく知っていることが大事です

スタジオレコーディング版

ライブ版

youtubeでは本人以外のカバーやコピーも多数あると思います

いろいろ見てみて

どういうアプローチか?

テンポやグルーブは?

フレーズは崩しているのか?

よく研究してみましょう

 

2・遅いテンポから早いテンポまで練習する

フレーズを手に覚えさせるまでゆっくりのテンポから練習します

ここはじっくり取り組みましょう

覚えてきたら元のテンポより早いテンポでも練習することです

実はこれが大事で

元のテンポに戻した時にゆっくりに感じることができます

ライブで演奏することも想定したら

テンポが上がることにも対処できます

 

3・焦って練習しない

私がこの動画を撮るのに練習に10日ほどかけました

その理由は

1・手を痛めないため

2・飽きさせないため

3・毎日練習内容を変えるため

練習した翌日に最初に弾いた感触が

現状の実力だったりします

 

4・何を大事にしてコピーするか

今回この曲を演奏するにあたって自分が一番悩んだのはテンポでした

テンポを上げて弾けばフレーズのアラが目立たずカッコよく聴こえます

事実私も動画より原曲より早いテンポの方が弾きやすかったです

 

しかし

今回はきちんとフレーズをちゃんときちんと弾くことを大事にしてみました

リバーブや歪みなどのエフェクターでごまかさないで弾くことが一番難しいです

私自身とてもいい練習になりました

 

5・感想

右手のリズム感

左手の表現力

両方がきちんと合わさらないとテクニックのある曲をちゃんと弾くのは難しいです

絶対に欲しくなる!ギタリスト用名刺デザイン集

こんにちは(*^o^)/\(^-^*)

ミュージシャン名刺専門店Gminor7の奥田です。

今回は、約300点のデザインの中から、ギタリスト向けの名刺デザインをチョットだけ♥ご紹介します。

どのデザインもプロのデザイナーが1つ1つ丁寧に作成しています。あなたが気に入るデザインがきっとありますよ♪

 

1.ボディの赤色がとてもキャッチーで印象的なデザイン

何と言ってもこの圧力とインパクト!

 

2.まるでギターから羽が生えているようなモダンでお洒落な白黒のデザイン

アーティスティックな雰囲気がプンプンしてます。

 

3.エレクトリックギター専用の名刺があるのはウチだけです!

レトロでテクノな色使いがとてもキュート。

 

4.純日本風のデザインでネタとしても使えそう

一発で覚えてもらえそうな、シンプルながらパンチのきいたデザインです。

 

5.パリッと大人な雰囲気の実写デザイン

ちょっとしたイケメンが持ってそうなデザインです。

 

6.ゲームにギターがでてきたらこんな感じ!なPOPなデザイン

「これどこで作ったの?」って聞かれます。

 

7.ハワイアンでカジュアルな印象のアコースティックギターのデザイン

性別を選ばず使えて、名刺じゃないみたいな名刺デザイン。

 

いかがでしたか?

色違いもあるので下のリンクから要チェック!

デザインは他にもたくさんあります♪

→他のデザインはこちら←

「自分のギターをデザインしてほしい!」という方はこちらへどうぞ♥♥

 

Gminor7はミュージシャンや音楽関係者を応援しています。

ぜひ、あなたの名前をお気に入りのデザインにのせて伝えてみませんか?

あなたの魅力がグッと上がりますよ(*^^*)

 

最強フォーム!?「ハイブリッドピッキング」

ギタリストの良し悪しは、右手で決まると言っても過言ではありません。

リズムを決めるのは主に右手ですし、コードストローク、カッティング、アルペジオ、単音弾きなど

様々な使い方を弾き分けなければいけません。

通常、エレキギターはピックを使って弾くことが多いですが

今回はピックと中指、薬指、小指。この4つをすべて活用するハイブリッドピッキングについて

お話したいと思います。

※このテクニックは超上級者向けです。
※一般的に普及しないのは、その難易度の高さが原因でしょう。
※ただし、ハイブリッドピッキングは間違いなく最強のプレイスタイルです。

 

ハイブリッドピッキングとは?

まずは、この動画を見て下さい。(右手にご注目下さい)

ピックと中指、薬指、小指。この4つをすべて活用をしているのがお分かりになると思います。

中指、薬指、小指のコントロールはとても難しく
習得するまでには地道な訓練が必要です。

この動画では難解なフレーズを多く弾いていますが、
実は「歌ものバック」にこそハイブリッドピッキングは有効なのです。

コードストローク、カッテイングはピック弾き

コンピングやアルペジオは各指を交えてのハイブリッドピッキング

更には、ソロギターのようなものまで対応できます。

そして、わざわざピックを口に咥えたりしなくて良いので

スムーズな奏法チャンジが可能なのです。

 

ピックだけで弾けないアルペジオは多い

ピック弾きだけで正確に弾きこなすのは難しいのがアルペジオです。

例えば、こんなフレーズ。

ギターのアルペジオがとても印象的な曲です。
本人はスウィープのような弾き方で演奏していますが

これではどうしてもテンポキープが出来ません。そして音の粒が揃わないのです。

 

こういうフレーズを難なくキレイに弾けるギタリストが「歌もの」に求められます。
(試しにこのフレーズをコピーして弾いてみて下さい。ピックだけですんなり弾ける方は殆ど居ないと思います)

 

あとは、

こういうフレーズ。(アコギのフレーズで指だけで弾いていまと思いますが、ハイブリッドピッキングを使えばピックを持ったままでも弾けます)

これをオルタネイトピッキングで正確に一曲弾ききれる人は殆ど居ないでしょう。
(試しに弾いてみて下さい)

 

極めるとこうなる

最後にTommy Emmanuel(トニーエマニュエル)大先生の映像を御覧ください。

※彼は様々なプレイスタイルを使い分けますが、この映像では親指と人差指でピック(サムピックかな?)を使い残りの三本の指も要所要所で使い分けています。

もうここまで来ると、空いた口がふさがりませんね。
ハイブリッドピッキングも凄いですが、アコギ一本でこのグルーブを出せるのには脱帽です。

 

ここまでのレベルを目指さずとも、最低限の奏法を身につければ

必ず貴方のプレイスタイルを大幅に広げてくれる「ハイブリッドピッキング」。
習得すれば、まわりのギタリストに大きな差をつけることが出来るでしょう。
この機会に練習してみてはいかがでしょうか?