Diva Mania Records代表 Mannieさんの歩み

 

 

2017年 6月15日

今回、Mannieさんの音楽との出会いから業界に入った切っ掛け、今に至るまでの歩みをインタビューしてきました。

 

 

1.歌手Mannieさんの始まり

 

Mannieさんが歌手になろうと思った切っ掛けは、父親の存在が大きくあった。

小学校の頃は、運動や勉強は苦手で自分が得意とする事が見つからずにいた。

そんな中、Mannieさんはボーカルとして活躍していた父親が、よく家でギターを弾いていた姿をずっと見てきた。

ある時、Mannieさんは父親が弾いていたギターのメロディ―に合わせて歌った。

普段、滅多に褒めない父親がMannieさんが歌ってる姿を見て、褒めて喜んでくれた事がすごく嬉しかった。

その頃から“歌手を目指そう”という気持ちが芽生え始めた。

 

 

2.人生、初レコーディング

 

小学生の頃、夏休みの自由研究の課題が初のレコーディングをするきっかけになった。

最初は、父親からギターの弾き方を教えてもらい、演奏しているところを撮影してもらった。

そして、ピアノの先生だった叔母も協力してくれ、Mannieさんに弾き方の指導をしてくれた。

その合間を縫って、歌詞や鼻唄とカスタネットを使って原曲のメロディとリズムを完成させていった。

最後に、完成した曲を録音するため、父親に手伝ってもらった。

そして、課題としてレコーディングをした楽曲を友達の前で発表した。

“プロの歌手になるんだ”と意識していた彼女の気持ちが、徐々にプロとしての行動となって現れてきた瞬間だった。

 


 

3.初バンド結成から大きくなっていったMannieさんの逸材感

 

高校生になって初のバンドを結成するまでにも苦労があった。

彼女が入学したのは、カトリックの高校だった為、バンドを結成し活動するには、先生の許可がないとできなかった。

しかし、Mannieさんの音楽に対する情熱は人一倍熱く、先生に直談判し、軽音楽部として活動するチャンスを与えられた。

そこからは、破竹の勢いで動きだす。

バンドを結成し、好きだったSHAKALABBITSや椎名林檎等のカバー曲でライブハウスや学園祭に出演する。

徐々に、ステージ上でのパフォーマス力や人を惹き付ける力を身につけていき、TEENS MUSIC FESTIVAL八戸大会に出場し、オーディエンス賞を授賞する。

瞬く間に“歌手 Mannie”としての頭角がでてきていた。

 

 

4.本格的な活動へ向けて

 

高校を卒業した後、基礎を徹底的に身につけるために音楽専門学校に入る。

音楽に対する色々な価値観やスキルを持った人達が集まる場所は、今までにない学びや楽しさがあった。

しかし、音楽の価値観が違えば、一人一人の主張や意見を1つにまとめるのも難しい事だった。

セッションやコーラスの課題では、リズムやハモリが合わなかったり課題曲の選定等で、よく口論にもなったとMannieさんは語る。

その専門学生時代の経験が今後の音楽活動においても大きな糧となる。

オリジナル楽曲の制作を中心に、第2日本テレビ「MIT3G」の出演、アーティストの仮歌やローディー、ダミーボーカル等、積極的に活動を続けミュージシャンとして力をつけていった。

 

 

5.Mannieさんが培ってきたモノ

 

その後も積極的に活動を続け、2008年に大手音楽事務所のオーディションを受け育成契約を結ぶ。

ライブ活動、雑誌、TV、ラジオに出演する等、さらに大きく活動の幅を広げた。

2009年には、自分が持っている可能性を広げるため契約を終了する。

その後も、各社のオーディションを受け最終審査までいき契約を取り交わすところまでいくが条件が合わないため見合わせた。

そんな中、Mannieさんは“歌が上手い”だけでなくプラスアルファ―“自分にしかない強み”=個性を活かす大切さに気づいていく。

2015年は日テレの「歌唱王」で準々決勝出場まで行き、「DAM★とも祭り」と「アニメロサマー」にも出場する。

2016年には、KWC2016 東京大会に出場し、2015年に続き日テレの「歌唱王」で準々決勝にまで進出した。

更に、TBS「Momm!!」やニコニコ生放送「ハゲどっとこい」等、自分の可能性と活動の場を飛躍的に伸ばしていった。

そして、2017年の現在はDiva Mania Recordsを設立し代表&所属アーティストとして活動している一方、ボイストレーナとしても活躍している。

プロのアーティスト “Mannie”として培ってきたスキルや経験を他のアーティストにもアドバイスしていき、一人一人がアーティスト活動に集中できるように、環境も整えている。

 

 

6.音楽に携わり続けるMannieさんの原動力とこれからの活動

 

小さい頃から音楽が身近にあり、アーティストとして沢山の経験を積み上げてきたMannieさんにとって、いつも応援して支えとなってくれている家族や友達またファンの方々が楽曲を聴いて喜んでくれることが、今でもMannieさんが音楽を続ける原動力となっている。

これからも、音楽が好きでプロを目指す人達の力になれるDiva Mania Records代表&所属アーティストとして益々目がはなせない。

underDOG liveレポ 越谷EASYGOINGS

2017/05/19(金)

熱血なパンクバンド、underDOGさんにiveにご招待いただいたので、越谷EASYGOINGSに観に行ってきました!

 

1.underDOGとは

茨城県の土浦・つくばを拠点に活動する4人組のパンクバンド。

【メンバー】

Vo.高野 徹

Gt/cho.矢口 竜一

Ba/cho.石田 大

Dr/cho.田原 慎也

 

【underDOGの3つの聴きどころ】

・聴かせる歌詞
・熱いハート
・エネルギッシュ

 

2.underDOGの楽曲

どの曲もエネルギッシュで、聴いているだけで心と身体が動く、元気が湧いてくる、そんな楽曲です。筆者が好きな曲1曲をご紹介します♪
 

1)ちっぽけなプライド

筆者が初めてこのバンドと出会った曲です。 まっすぐな音楽がハートにグっときますよね。

 

3.心の動くlive

liveを見ていると、underDOGの皆さんが笑顔で楽しそうにliveをしている姿が見てとれました。 「キャッチーでノリはいいのに、それだけじゃない」 ストーリー性のあるまっすぐな歌詞とVo高野さんの,飾らない叫びに似た熱い歌声。 そんな高野さんの歌声を包み込む、メンバーの皆さん。とても素敵でした! メンバーのかたと写真を撮っていただきました♪

underDOGのliveに行くと、「次の日もがんばろう」きっとそう思えます。 ぜひ遊びに行ってみてくださいね♪

 

underDOG(アンダードッグ)

♪公式HP
https://underdog-official.jimdo.com/

♪公式Twitter

https://twitter.com/_official_uD?s=09

 

 

UCURARIP liveレポ 下北沢mona record

 

2017/05/13(土)

アダルトポップなバンド、UCURARIP(ウクラリープ)さんにiveにご招待いただいたので、下北沢mona recordさんに観に行ってきました!

 

1.UCURARIPとは

2015年6月Voのyskを中心に都内で結成。
その後何度かメンバーチェンジや加入を経て、2016年より現在の体制になる。

アダルティなメロディにカラダ動き出すオシャレなリズム、そんなアダルトポップスを掲げる横ノリ歌モノ5ピースバンド。

2016年1月大塚Deepaでのライブを皮切りに、都内を中心に精力的に活動を続けている。
2016年10月には1st EP「AMELIE」をリリース。
 
【UCURARIPの3つの聴きどころ】

・J-POPを踏襲した聴き心地良い歌メロ
・個性溢れる楽器隊のアレンジ
・裏のある想像掻立てる歌詞

 

2.UCURARIPの楽曲

どの曲もエロいのにキャッチーで一度聴いたら頭から離れません。
全部素敵なのですが筆者が好きな曲から紹介していきます。
 

1)ウェンズデーブルー

2)バスタイム live ver.

3)AMELIE first simgle トレーラー

 

3.誰もが楽しめるライヴ

自称「気持ちはあるけど実のない話をする」Voのyskさんと、それを見守るメンバーの皆さん。笑

yskさんのMCには会場の皆さんが釘付けになりました。しかしなんと言っても横ノリしながらの歌のうまさ。伸びのある歌声がとても気持ちよいです。


Gtのmannyさんは、名古屋在住でプリン職人をされているとか。膝を伸ばした前傾姿勢のプレイスタイルが忘れられません。今回写真に納められませんでしたが必見。

アダルトポップには重低音が重要です。
Baのmottyさんの安定感のあるベースがバンド全体のサウンドを支えていました。ちなみに坂口健太郎似のイケメンです。

keyのmiuさんは紅一点!でした。
ヘルニアで大変な中のliveでしたが、UCURARIPさんに無くてはならない音だと思いましたね。

Drのkazさんは、さりげなく後ろからバンドを支えていて、このおかげでバンドのサウンドが目立つのだと思いました。
今回写真におさめることはできませんでしたが、次回liveに遊びに行った時は是非ご挨拶したいと思います。
 
 
筆者も一緒に写真をとっていただきました!

皆さん、初対面なのにものすごく気さくで親切にお話をしてくださり嬉しかったです!

 

お客さんにアクションを求める参加型のlive、とても楽しかったです。
UCURARIPのliveに行ったら必ず楽しめることを約束します!
以上liveレボートでした♪

UCURARIP(ウクラリープ)

♪公式HP
https://www.ucurarip.com/

♪公式Twitter
https://twitter.com/ucurarip?s=09

 

卯の花クダシ liveレポ 下北沢ReG

2017/05/11(木)
下北沢ReGに行って来ました。
 
筆者が気になっているバンド、「卯の花クダシ」さんを聴いてきました!
 
 

1.卯の花クダシとは…

 

卯の花クダシ

水素(Vo.)ヤハ・タクヤ(Ba.)松井海鶴丸(Gt.)佐藤友朗(Dr.)

独特の世界観で話題を読んでいる4ピースバンド。
2016年2月より現メンバーにて都内と横浜を中心に活動中。
最近は都内でライブをされることが多く、ライブ主宰をされることも多いとか。
松井海鶴丸(Gt)さんの作曲センスが素敵。
独特な世界観なのに"和"でキャッチーな楽曲なんですよね。もちろんギタープレイやパフォーマンスも素敵でした。
 
 
 
また、水素(Vo)さんの妖艶な歌声とクリアなハイトーンボイスがやみつきになります。
 
 
 
 
水素さんが可愛いので、つい一緒に写真撮ってもらいました。
 
 
 
 
 
 
 

2.楽曲

 

1)黒髪オトメ

 

 
 

2)初のMV 「百鬼夜行」

 

 
このバンド、新しいミュージックビデオ公開制作プロジェクトが進んでいるらしい…
企画としてはMV制作のクラウドファンディングなのですが、0円から支援できて、
 
なんとリターンとして
 
 
……………………………………………………………………………
 
・完成したMVのエンドロールにスペシャルサンクスとしてお名前を記載
 
・参加ありがとうのスペシャルムービー
 
・完成したMV+メイキング映像収録したDVD-R
(メッセージ付き)
 
・未発表音源データとしてプレゼント
 
・2017年中のお好きなライブ日程に1回ご招待
 
・水素からお好きなタイミングで1回ビンタされていただきます
 
・管理栄養士資格持つギター松井海鶴丸の栄養指導を受けていただきます
 
・ベースヤハ・タクヤと焼肉食べ放題
 
・ドラム佐藤とカラオケ
 
・普段は見ることのできないMV撮影現場見学
 
・ワンコーラス付きメッセージムービー
 
………………………………………………………………………
 
これらがついてくるとのこと。笑
気になったかたはぜひ。
 
 
 
なんだが面白そうなバンドでしょう?
卯の花クダシさん、これからも応援しています。
頑張ってください!
 
 
 
 
卯の花クダシさん情報
 
♪公式HP
 
♪公式Twitter
 
 

 

lyricaliris(リリカリリス) liveレポ 新宿MARZ

2017/05/09(火)
lyricaliris(リリカリリス)さんの新宿MARZでのライブにご招待いただいたので、聴きに行ってきました!

 

1.lyricaliris(リリカリリス)とは

 

lyricaliris(リリカリリス)

・野邊拓実(Vo, Gt, Art Work)
・松本一輝(Gt, Cho, REC&MIX)
・谷崎健太(Key, Cho, Web Design)
・山田尚斗(Ba, Cho)
・藤森千裕(Dr, Cho)


都内を中心に活動しているバンド。
聴きやすいポップスを軸に据えながら、アンダーグラウンド、ポストロック、エレクトロニカなど様々な要素を注ぎ込んで楽曲を制作している。

聴いていてとても心地よいのに、なぜか今までに聴いたことがないような曲がたくさんある。サウンドに妥協しない彼らだからこそ、出せる世界観があります。

 

2.楽曲

1)1st single

 

2)unsaturated -live video

 

3)「暁と旅と唄」

 

ちなみに筆者が好きなのは「落日」という曲で、今回ライブで聴けたので嬉しかったです♪

 

4)落日 -live video

 

動画よりも生で聴くのがオススメなバンドです。

 

このバンド、ROCK IN JAPAN FES 2017の出場権をかけたコンテスト、ROJACKの1次審査を通過しており、2次審査に挑んでおります。
今後も頑張ってほしいバンドです!
ご招待いただき、ありがとうございました!

 

lyricaliris(リリカリリス)

♪公式ホームページ
http://lyricaliris.com/
楽曲の視聴・注文、ライブチケットの注文が可能。

♪公式Twitter
https://twitter.com/lyricaliris?s=09

♪公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCSzKpn6gDFLVqvosbMRa1pA

和服がカッコいいミュージシャン

 

1.和服を着るだけでカッコいいワケ

あなたは和服を着たことはありますか?和服と聞くと、代表的なものに浴衣と着物がありますね。

私は趣味で着物を着るのですが、洋服よりも値段が高かったり、着るのに手間がかかったり、動きにくいので
現代では「着たい!」と思わないと着られないものになりつつあります。

 

逆に言うと、「着ていると目立つ」訳です。

しかも、ビジュアルが3割増されます。(筆者しらべ)
ふくよかな女性が着れば色っぽく、恰幅の良い男性が着れば貫禄がでるのが和服です。

 

音楽業界では演歌や歌謡曲で和服を着こなす方がいますが、もちろんJPOPのミュージシャン・バンドでも衣装として着こなしている方がいます。
筆者は、バンドの雰囲気や音楽性に合わないだけで和服を着ないのは勿体ないと思います。
和服を着ているだけで、海外の方の目にも留まるのではないでしょうか?(技能があってこそですが)

 

そこで、和服を衣装として着こなすバンドマンやミュージシャンが超カッコいいのでまとめてみました。

 

2.和服を着こなすバンド・ミュージシャン

 

1)椎名林檎

誰もがこの人を思い浮かべたのではないでしょうか?
ミュージックビデオやライブ、音楽番組でも和服を着ていることが多い印象です。

 

 

 

2)陰陽座

バンドのコンセプトから、基本的に和服や平安装束を衣装にしているバンドです。
世界観が一貫していて素敵ですね。

 

 

3)和楽器バンド

和楽器で奏でるロックバンド。こちらも和をイメージした楽曲ですね。
和服というよりは和服をイメージした衣装という感じです。

 

 

4)カブキブロックス

顔に歌舞伎の化粧を施した不思議なグループ。

 

 

3.衣装としての和服

和服には、3つのデメリットがあります。

1)値段が高い

「新品がイイ!」ミュージシャンは、通販サイトでポリエステルの着物や綿の生地の浴衣を安く手にいれることができます。(着物一式1万円~ 浴衣2千円~)セットで売っていることがほとんどなので、センスが無くてもどうにか形になります。

「お金をかけたくない」「ファッションの一部に取り入れたい」ミュージシャンは、オークションや古着屋さん、蚤の市で買えば絹着物は安く手にいれることができます。(着物一式2000円程度~)ただし、コーディネート力が必要です。

 

2)着るのに手間がかかる

これは“慣れ”です。単純に衣装として着付けてもらうのであれば、覚えるよりも美容師やスタイリストの知人を取っつかまえて着せてもらいましょう。男女ともに、慣れれば洋服を着るように素早く着ることができます。ちなみに男性の和服は、立ったまま体に布を巻いてそれを結ぶだけなのでかなりお手軽です。女性は、努力が必要です。自力で着てみたいミュージシャンの方は頑張ってください。

 

3)動きにくい

和服を着るとわかりますが、運動するために作られた服ではありません。しかし、「楽器を演奏するには持ってこい!」なのです。楽器を演奏している間、あなたはどんなパフォーマンスをしますか?下の動画を見ると、動きにくいという概念がふっ飛ぶと思います。笑

 

 

 

4.まとめ

・着物で演奏するバンド、ミュージシャンはカッコいい!

・着物は安く手にいれることができる。

・着物でもある程度のパフォーマンスはできる。

 

夏であれば浴衣、春秋冬であれば羽織ものとしても使える和服。

いつもと違うパフォーマンスをしたいと考えているミュージシャンのあなた、

イメージチェンジや気分転換として是非和服を取り入れてみてはいかが?

海外でミュージシャンがパフォーマンスする前の準備

・きっかけは大事

・行く国を決める

・情報収集

・まとめ

 

1.きっかけは大事

海外にいかなくても自分がいる国で大抵は、何でもできます。

特に先進国だと国外に行かずとも国内でも十分に楽しむ事はできます。

では何故海外に行こうと思うのか?

きっかけで行動が大きく左右されます。

趣味,広告,TVやネットからや仕事。。。。様々なきっかけがあります。

その中でも大きく影響があるのは''自分により近い友人や知り合いが、実際にいって体験して話を聞いて''が大きいと思います。

''危険だとわかっているけど行ってみたら自分の世界観が変わった''や''お金がなくて大変な目にあったけど路上でパフォーマンスをしたのをきっかけに、お金には変えられないすごい経験を得られた''等

行って体験した人から直接話を聞く事は想像しやすいですし、より現実味があります。

きっかけは大なり小なり問わず想像から現実味が積み重なり不安よりも期待が大きくふくらみ行動になります。

 

2.行く国を決める

行く目的によっては選択する国も異なってきます。

旅行で行くのか、ミュージシャンとしてパフォーマンスで大きな経験をしたいや、何かを学ぶためもしくは事業をのために。。。。等々

例えばワーキングホリデーを利用して又は旅行で他国に行きたいとなった場合で考えてみましょう。

ワーキングホリデーのビザを利用して日本から他国に行く場合16ヵ国も選択できます。
その中で唯一ワーキングホリデーを追加でもう1年申請を許可してるのが日本に一番近い英語圏の国'オーストラリア'です。
オーストラリアの国が指定している条件をクリアすれば申請が可能です。

又旅行で行く場合でビザを取るのにお金がかかるのでビザが必要ではない日本のパスポートだけで入国できるところもあります。
(各国の指定された滞在期間以上いる場合は、ビザの申請が必要な場合があります)

3.情報収集

自分の目的にあった国が決まればその国について調べる必要があります。

言語,習慣,食文化や天候,物価などありとあらゆる事を事前に調べておくのは、現地にいって何かあった時に対策がたてやすいです。

言語にしても世界に2番目の共通言語として話される英語でも実際に、母国語ではない現地にいってみると観光地以外の場所では殆んど話されていないパターンがあります。

ネットで情報収集もありますが、現地にいって実際に体験した方から聞くのはネットにも記載されてない貴重な情報も得られるので一番良い方法だと思います。

最近だとmeet up や 外国の方との国際交流会といった場所にいけば、海外にいった事がある日本人や日本に在住している海外の方も参加者にはいる時がありますので活用してみて下さい。

4.まとめ

時代が進むにつれて海外に行くためのサービスが拡大し、他国の情報も簡単に調べやすく'海外に行く'という敷居は昔に比べ低くなってきました。

誰でも簡単に行けるような環境になってきて選択肢が増えているからこそ沢山のきっかけをつくりだせますし、明確な目的をもっていけば行く場所やそのために必要な準備もはっきりしてきます。

一度は海外にいってみたいと思ってる方、それを時間をかけてコツコツ計画してみてはどうでしょうか?

 

 

 

ストリートライブの効果について

1.ストリートライブのメリット

ストリートライブのメリットは「費用がかからないこと」です。
これはミュージシャンもそうですし、見に来てくれるお客さんにとっても言えることです。
お客さんの立場として
通常のライブハウスにライブを見に行こうとすれば3,000円程度かかります(チケット+ドリンク代など)
でも、ストリートなら基本的に「タダ」で見ることが出来ます。
しかも、ライブハウスと違いアーティストとの距離が近いので会話まで出来てしまいます。

このようにお客さん目線で考えると、
「気軽に足を運べて、コミュニケーションも取れる」とイイことばかりなのです。

お客さんにとって良い事ということは、アーティストにとっても良いことです。
お客さんが自ら進んで来てくれる「好循環」を産むことができて
そこからまた新たなファンが広がっていく可能性があります。

また、ストリートライブは「不特定多数の人にアピール出来る」と言うメリットもあり
上手く活用できれば、アーティストにとってとても有意義なものでしょう。

2.ストリートライブのデメリット

ストリートライブのデメリットは「自分の商品価値を下げてしまう事」です。
これは、メリットの裏返しなのですが
タダでライブ(音楽)を提供することによって、
お客さんは「タダでライブを見れるのが当たり前」という発想になってしまいます。

つまり、ストリートライブに来てくれているお客さんが100人いたとしても
その全員が有料のチケットを買ってライブに来てくれるとは限らないのです。

また、ストリートライブは場所の制約も大きいです。
駅前などの人が集まる場所でのストリートライブは基本的に難しいですし
(区などが推奨している地域もありますが)
音響設備も自前なので、「いい音」で演奏することは出来ません。
(つまりアーティストとしての表現力も下がります)

3.ファンの定義とは?

ストリートライブを長く続けていると、必ず「面倒くさいお客」が来ます。
・酔っぱらい
・ヤンキー
・ナンパ目的のおっさん、おばさん
こういう人の対処も考えておいた方が良いでしょう。

この他に、「ストリートには毎回来てくれるけど、有料のライブには一度も来てくれない人」
にも気をつけたほうが良いです。
こういう方は、貴方のファンではありません。
こういう人は貴方を「友だち」だと思っている場合が多いです。

本当に仲の良い友達だったり、実際に気が合う人ならそう思われてもいいでしょうが、
そうじゃないなら問題です。

あなたは面倒くさい友だちを作るためにストリートライブをするわけではないですよね?

ファンとは、ほんとの意味で貴方を応援してくれる人の事を居ます。
「友だち」と「ファン」を混同させないようにしましょう。

4.どうやって稼ぐか?

ストリートライブで貴方のすべてを見せてはいけません。
ストリートライブはあくまで「試食」なのです。

例えば、
ストリートではコピー曲しかやらず、
オリジナル曲はライブハウスでしか歌わない
オリジナル曲に興味を持ってくれたらライブに来て下さい!

などの、有料のライブに行かなくてはいけない明確な理由を作ってあげます。
※ここまで明確に設定しても、有料ライブに来てくれない人は
あなたの事をミュージシャンとして見ていません。「異性」「友だち」としか見ていません。

ストリートライブは広告なので、そこからライブハウスに誘ったり
CDなどを売ったりして必ず収益化しましょう。

そのために、ビラや名刺(お客さんに渡す用のモノ)やライブチケット、釣り銭
などは必ず用意しておきましょう。

5.まとめ

ストリートライブしかやらないで、有名になることは絶対にありません。
ストリートライブは広告と捉えて、これ以外にも様々な活動を混ぜていくことによって結果に繋がります。
なぜ、ストリートでライブをするのか?を明確にしてから実行しましょう。