ギターでも難しい曲をベースで弾いてみる Yngwie Malmsteen Trilogy Suite Op.5 早弾きとその練習のコツ

どんな楽器でもテクニックを身につけるには練習が必要です

でもどんな練習をしたらいいかわからないなんてことも・・・

 

今回はギターインストの有名曲

Yngwie Malmsteen【 Trilogy Suite Op. 5 】を取り上げてみました

 

 

自分がどんな練習をしたかまとめてみます

 

1・曲をよく聞く 動画を見る

当たり前のことなのですが

練習する曲をよく知っていることが大事です

スタジオレコーディング版

ライブ版

youtubeでは本人以外のカバーやコピーも多数あると思います

いろいろ見てみて

どういうアプローチか?

テンポやグルーブは?

フレーズは崩しているのか?

よく研究してみましょう

 

2・遅いテンポから早いテンポまで練習する

フレーズを手に覚えさせるまでゆっくりのテンポから練習します

ここはじっくり取り組みましょう

覚えてきたら元のテンポより早いテンポでも練習することです

実はこれが大事で

元のテンポに戻した時にゆっくりに感じることができます

ライブで演奏することも想定したら

テンポが上がることにも対処できます

 

3・焦って練習しない

私がこの動画を撮るのに練習に10日ほどかけました

その理由は

1・手を痛めないため

2・飽きさせないため

3・毎日練習内容を変えるため

練習した翌日に最初に弾いた感触が

現状の実力だったりします

 

4・何を大事にしてコピーするか

今回この曲を演奏するにあたって自分が一番悩んだのはテンポでした

テンポを上げて弾けばフレーズのアラが目立たずカッコよく聴こえます

事実私も動画より原曲より早いテンポの方が弾きやすかったです

 

しかし

今回はきちんとフレーズをちゃんときちんと弾くことを大事にしてみました

リバーブや歪みなどのエフェクターでごまかさないで弾くことが一番難しいです

私自身とてもいい練習になりました

 

5・感想

右手のリズム感

左手の表現力

両方がきちんと合わさらないとテクニックのある曲をちゃんと弾くのは難しいです

絶対に欲しくなる!ベーシスト用名刺デザイン集

こんにちは(*^o^)/\(^-^*)

ミュージシャン名刺専門店Gminor7の奥田です。

今回は、約300点のデザインの中から、ベーシスト向けの名刺デザインをチョットだけ♥ご紹介します。

1つ1つのデザインをプロのデザイナーが心をこめてお作りしています。

あなたが気に入るデザイン、きっとありますよ♪

主に4弦のものをご紹介します♪

 

1.モノトーン×プレシジョンベース

モノトーンでクールな印象。

 

2.弦の数で自己主張

「私は4弦でやってますが何か?」と聴こえてきそうなデザイン。

 

3.ほんわかした色の背景とプレシジョンベースのデザイン

目付きが悪くても、これを渡したら柔らかい印象を与えられそうです。

 

4.個性的な純和風!で差をつける

四弦から七弦まであるので、お好きなものをどうぞ。

 

5.分解してみた。だけどまとまりのあるデザインです。

色違いもあります。

ベース名刺デザイン

 

6.銀河系ベーシストへ贈るデザイン

男女兼用で、グラデーションがとてもお洒落です。

音符名刺デザイン

 

7.ハーフ×ハーフベース

ハーフにしてみたので、良かったらどうぞ。

 

8.エリクトリックバスプレイヤー専用デザイン

専用デザインはここにしかありません。

専門分野の方はぜひ♪

 

いかがでしたか?

色違いもあるので下のリンクから要チェック!

デザインは他にもたくさんあります♪

→他のデザインはこちら←

「自分のベースをデザインしてほしい!」という方はこちらへどうぞ♥♥

 

Gminor7はミュージシャンや音楽関係者を応援しています。

ぜひ、あなたの名前をお気に入りのデザインにのせて伝えてみませんか?

あなたの本当の魅力が120%伝わりますよ(*^^*)

超高級ベースを弾き比べてみる ケンスミスとフォデラを比較

プロの使う楽器はもちろん良い楽器です

その中でも ハイエンド と言われる超高級なものがあります

 

今回は

ベース界のロールスロイス

フォデラ

ベース界のベンツ

ケンスミス

 

これを弾き比べてみました

Disco の定番曲  Le Freak です

ちなみに

原曲のベーシストの バーナード・ エドワーズ は 当時の新作 ミュージックマン スティングレイを使ってます

 

1・フォデラ

ハイからローまでバランスよく綺麗に出てます

ローBからハイGまでスムーズに繋がる音質はハイエンドベースの特徴です

スラップの綺麗でいて、うるさくない感じはフォデラに共通していると思います

上品という表現よりクセがないという方が合ってると思います

沈みすぎず浮きすぎないのにちゃんと主張ができる

どんなジャンルにも合うような素晴らしい楽器です

職人向きとも言えます

 

2・ケンスミス

こちらもバランス感やスムーズ感はとても素晴らしいです

フォデラよりローミッドに締まりがある感じでした

歌ものには相性が良さそうです

ゴスペルのように動いてもベースという枠から出ない下にいてくれる楽器です

ケンスミス独特のスラップのケロケロ感がプレイヤーの好みにあえば

クセがある分フォデラより個性が出しやすいかもしれません

 

3・まとめ

高価なものはなんであれいい音がするし

弾くのも楽しいです

 

ありがとうございました

~volume2~”シンガーソンググラドル“藤田恵名さんのサポートベーシスト小林健二郎さんを紹介!

 

前回、“シンガーソンググラドル"藤田恵名さんを紹介させていただきました。

今回はベースサポートとして、活躍している 小林 建二郎さん(愛称 やしこば)にライブ前のインタビューをおこなった!

 


1 やしこば ヒストリー


小林さんは、18歳の時に友人がベースを弾いてるのに興味を持ち、そこからたまたま知人からベースを譲り受けたのを気っかけに、音楽の道を歩みだす。

そこから、今に至るまでにバンドを3~4組程やり、20組以上のバンドサポートをしてきている経験者だ。

今では、“藤田恵名さんのベースサポーター=やしこば“として、確立しつつある欠かせない存在だ。

今年に入り右手に怪我をおってしまい3月に活動を休んでいた。

しかし、5月初旬から藤田恵名さんのベースサポーターとして復活し、勢力的に活動を続けている。


バンドベースサポーターとして、個人で活動している小林さんは名刺も必要に応じて使用している。

先日、Gminor7のミュージシャン特価のキャンペーンでフルオーダーのデザイン名刺を注文して下さり、使っていただいてる。

(詳細は“お問い合わせホーム”で受け付けております。CHECK IT OUT !!)

 

以前の名刺は、一般的な名刺で自己主張を抑えてる文字だけでシンプルなものを使っていた。

                    ⏬

 

 

今はフルオーダーで簡潔なメッセージに付け加え自分と結びつけられる世界で1つしかないオリジナル名刺を使っている。

                     ⏬

 

名刺を常備している小林さんは、自分が“プロフェッショナル”という自らの価値を高める意識の高さが伺える。

 

 

2 ライブ出番前に、、、そしてステージへ

 

ライブ出演前の小林さんから緊張感が伝わってくる。

自分の出番前は、先に演奏しているバンドのグルーヴ感やオーディエンスのノリをみる。他のベース担当者のスキルやビジュアルも熱心にチェックをする目はプロだ。

そして藤田恵名さんの出番になりステージへ上がる。

右手に怪我を負っているとは思えない程、演奏に安定感がある。また、今まで経験してきた事を吸収しベースとなったテクニックあるベースラインの切れ味は必見だ。

楽曲が中盤に入りはじめた頃,他の演奏者がチューニングに入る。そんな中、やしこば節でオーディエンスとコミュニケーションをはかり会場をかるく保温状態にするところは、場数を踏んだ分安心感があった。

 

3 最後に、、、

 

藤田恵名さんの演奏が終わった後は気さくに対応してくれ、記念写真をとらせていただきました!

2017 7/7 渋谷のWOMBに藤田恵名さんのワンマンライブにいった時は、藤田恵名さんを支えている他のサポートメンバーのパフォーマンスにも注目してほしい。

 

■小林健二郎さん 公式 SNS情報とベースサポートお問い合わせ先

・twitter

@yashikoba

・facebook 

https://m.facebook.com/kobayashishinbun

・ベースサポートお問い合わせ先

kobayashishinbun@yahoo.co.jp