ギターでも難しい曲をベースで弾いてみる Yngwie Malmsteen Trilogy Suite Op.5 早弾きとその練習のコツ

どんな楽器でもテクニックを身につけるには練習が必要です

でもどんな練習をしたらいいかわからないなんてことも・・・

 

今回はギターインストの有名曲

Yngwie Malmsteen【 Trilogy Suite Op. 5 】を取り上げてみました

 

 

自分がどんな練習をしたかまとめてみます

 

1・曲をよく聞く 動画を見る

当たり前のことなのですが

練習する曲をよく知っていることが大事です

スタジオレコーディング版

ライブ版

youtubeでは本人以外のカバーやコピーも多数あると思います

いろいろ見てみて

どういうアプローチか?

テンポやグルーブは?

フレーズは崩しているのか?

よく研究してみましょう

 

2・遅いテンポから早いテンポまで練習する

フレーズを手に覚えさせるまでゆっくりのテンポから練習します

ここはじっくり取り組みましょう

覚えてきたら元のテンポより早いテンポでも練習することです

実はこれが大事で

元のテンポに戻した時にゆっくりに感じることができます

ライブで演奏することも想定したら

テンポが上がることにも対処できます

 

3・焦って練習しない

私がこの動画を撮るのに練習に10日ほどかけました

その理由は

1・手を痛めないため

2・飽きさせないため

3・毎日練習内容を変えるため

練習した翌日に最初に弾いた感触が

現状の実力だったりします

 

4・何を大事にしてコピーするか

今回この曲を演奏するにあたって自分が一番悩んだのはテンポでした

テンポを上げて弾けばフレーズのアラが目立たずカッコよく聴こえます

事実私も動画より原曲より早いテンポの方が弾きやすかったです

 

しかし

今回はきちんとフレーズをちゃんときちんと弾くことを大事にしてみました

リバーブや歪みなどのエフェクターでごまかさないで弾くことが一番難しいです

私自身とてもいい練習になりました

 

5・感想

右手のリズム感

左手の表現力

両方がきちんと合わさらないとテクニックのある曲をちゃんと弾くのは難しいです

超高級ベースを弾き比べてみる ケンスミスとフォデラを比較

プロの使う楽器はもちろん良い楽器です

その中でも ハイエンド と言われる超高級なものがあります

 

今回は

ベース界のロールスロイス

フォデラ

ベース界のベンツ

ケンスミス

 

これを弾き比べてみました

Disco の定番曲  Le Freak です

ちなみに

原曲のベーシストの バーナード・ エドワーズ は 当時の新作 ミュージックマン スティングレイを使ってます

 

1・フォデラ

ハイからローまでバランスよく綺麗に出てます

ローBからハイGまでスムーズに繋がる音質はハイエンドベースの特徴です

スラップの綺麗でいて、うるさくない感じはフォデラに共通していると思います

上品という表現よりクセがないという方が合ってると思います

沈みすぎず浮きすぎないのにちゃんと主張ができる

どんなジャンルにも合うような素晴らしい楽器です

職人向きとも言えます

 

2・ケンスミス

こちらもバランス感やスムーズ感はとても素晴らしいです

フォデラよりローミッドに締まりがある感じでした

歌ものには相性が良さそうです

ゴスペルのように動いてもベースという枠から出ない下にいてくれる楽器です

ケンスミス独特のスラップのケロケロ感がプレイヤーの好みにあえば

クセがある分フォデラより個性が出しやすいかもしれません

 

3・まとめ

高価なものはなんであれいい音がするし

弾くのも楽しいです

 

ありがとうございました